These are chat archives for azu/promises-book

20th
Apr 2014

azu/promise-test-helper

thenで書くのはやっぱり、本質的なものじゃないのがテストに混ざるので、それ用の簡単なライブラリを書いてみた。

var shouldRejected = require("promise-test-helper").shouldRejected;
function mayBeRejected(){
    return Promise.resolve();
}
it("should be failed", function () {
    return shouldRejected(mayBeRejected()).catch(function (error) {
        assert(error instanceof Error);
    });
});

mayBeRejected() をテストしたいときに、最初にrejectedか呼ばれることを期待するというのをshouldRejected(mayBeRejected())という感じで書けるようにした感じ。

resolveされたらエラーにして、thenもあえて使う必要ない気がしたので、catch以外だとエラーに落ちる感じにした。