These are chat archives for azu/promises-book

19th
Jun 2014
vzvu3k6k
@vzvu3k6k
Jun 19 2014 12:51

PDF版をちょっと読んでみて、気になったところを書いておきます。

  1. asciidocの章のナンバリング設定が効いていない
    • HTML版の「はじめに」が「1. はじめに」になり、
      「1. Chapter.1 - Promiseとは何か」が「2. Chapter.1 - Promiseとは何か」になり、
      「1.1. What Is Promise」が「2.1. What Is Promise」になるという具合で、章番号が1つずれている
  2. gitterのバッジがリンクになっていない
  3. 著者名の右隣に[FAMILY Given]という文字列が表示される

3番目の[FAMILY Given]というのは、index.adocの:lang: jaによって_tools/fopub/build/fopub/docbook/common/ja.xmlが有効になり、_tools/fopub/build/fopub/docbook/common/common.xsl<xsl:template name="person.name.family-given">が呼び出されているのが原因のようです。これはXSL parameterでは操作できないらしくて、asciidoctor-fopubのReadmeで紹介されてるCustom XSL templatesを用意するぐらいしか有効な対策が見つかりませんでした。

初めは直してプルリ出そうと思ったのですが、手間の掛かりそうな問題だし、issueを立てるほどでもないかなと思ったので、とりあえず報告まで。

@vzvu3k6k ありがとうございます。
PDFだとナンバリングの制御:numbered!:がきいてないのか…

gitter は外すかただのリンクにします(make pdfした時に外部から読み込む画像は減らしたいし)

[FAMILY Given]の問題は完全にlang:jaのデフォルトセットがオカシイという話ですよねー。
lang:enとかなら[FAMILY Given]なくなるので、PDFの時だけlangを変えしまうとかでもいいかもしれないですね。
(-a lang=enとかできると思うので)

pdf だと numberedはグローバルでしか存在しないっぽい
asciidoctor/asciidoctor-fopub#3
せめて
numbered 0から始められればいいんだけどなー

http://www.methods.co.nz/asciidoc/userguide.html
の説明読む感じでも
:numbered!: が有効なのはドキュメントのheaderじゃないといけないみたい。

ナンバリング自体を無効にするのはできた。

何かもっといい方法あるかなー

#165 #164 #163
それぞれ修正しましたー。
PDFだとナンバリングをなくして解決してるの無理矢理感あるのでもっといい方法あるといいんだけど