Where communities thrive


  • Join over 1.5M+ people
  • Join over 100K+ communities
  • Free without limits
  • Create your own community
People
Repo info
Activity
    Daijiro Wachi
    @watilde
    移動しました :wave:
    Toru Nagashima
    @mysticatea
    :sparkles:
    Daijiro Wachi
    @watilde
    おぉ、、公式リポジトリになったんですね。素敵すぎる。
    https://github.com/eslint/eslint-jp
    Toru Nagashima
    @mysticatea
    はい! Nicholas が作ってくれました。
    kazuya kawaguchi
    @kazupon
    おお、公開されたと聞いて、来てみました。 :smiley_cat:
    Toru Nagashima
    @mysticatea
    ようこそ! :smile:
    kazuya kawaguchi
    @kazupon
    素晴らしいです!よろしくお願いします!
    Toru Nagashima
    @mysticatea
    よろしくお願いします! Vue の方だ! 1.0 リリースの時、同時に日本語記事があったの印象に残ってます。
    kazuya kawaguchi
    @kazupon

    覚えて頂いてありがとうございます! そうですね。Vue.js 1.0 のリリースと同時に日本語訳の方も一緒にリリースしました。今思えば、1.0のリリースが早まっていろいろと大変だったのが懐かしいです :smiley_cat:

    こちらも何か協力できることがありましたら、ぜひさせてください!

    Daijiro Wachi
    @watilde
    v1.x から v2.x に更新してみたんですが、特にruleとかに変更いれなくても動くんですね :D
    watilde/npmbrew#37
    Toru Nagashima
    @mysticatea
    はい、大部分のルールは変更無しで動きます。
    今回は no-empty-label, space-before-keyword, space-after-keyword, space-return-throw-case, no-arrow-condition の5つのルールが削除されてるのと、ES2015 関係の設定の仕方が変わってるのが大きいです。
    kazuya kawaguchi
    @kazupon

    自分も、まだ2.0対応していなかったので、バージョンアップのついでにアップグレードしてみました。
    kazupon/vue-i18n@8240754

    extends いい感じですね。

    Toru Nagashima
    @mysticatea
    yay! おお、standard 派ですね。最近セミコロンレスが堅調に増えてる気がします。
    Takuto Wada
    @twada
    @mysticatea Code Path Analysis を弄っていてちょっとハマってしまいまして、この gist を見て頂いてもいいですか? https://gist.github.com/twada/af515224d858426ff480
    内側の BlockStatement の exit 時に s2_2 が取れると思ったんですけど unreachable な s2_3 が返ってくるんです
    Toru Nagashima
    @mysticatea
    @twada はい、return文の後なので、そこはunreachableなセグメントになります。コードパスの主要な目的が到達性の判定なのです。
    Takuto Wada
    @twada
    なるほどー
    s2_3 が onCodePathSegmentStart と onCodePathSegmentEnd に入ってこないのも意図した動作ですか?
    (いろいろ触ってみて動きと設計を理解しようとしているステップなのです)
    Toru Nagashima
    @mysticatea
    特にFunctionDeclarationなど関数の:exitや、SwitchCase:exitでこの仕様を使うと、
    すべてのパスがreturn or throwされたかどうかを調べられます
    はい、unreachableなやつではイベントを起こしていません。
    Takuto Wada
    @twada
    わかりました。イベントが発火してない segment が CodePath の currentSegments から取れたからちょっとビックリした、という感じです。ご説明ありがとうございます。
    他にも分からないことがあったら質問させてくださいー
    Toru Nagashima
    @mysticatea
    segment.nextSegments/prevSegmentsにも入ってなくて、パスが無いことになってます。null オブジェクトパターン的な感じです。
    ただ、segment.allNextSegments/allPrevSegmentsには入ってます
    はい、いつでもどうぞ!
    Takuto Wada
    @twada
    :pray:
    Toru Nagashima
    @mysticatea
    動きを見るには DEBUG="eslint:code-path"をセットすると便利かも
    コードパスがgraphvizのDOTで吐かれるので、http://www.webgraphviz.com 等で絵にできます
    Takuto Wada
    @twada
    おおお有用情報!
    Noriaki UCHIYAMA
    @noriaki

    はじめまして、質問させてください。

    ESLint v3.19.0でeslintrcparserOptions.ecmaVersion2017(=8)を指定しているのですが、ES2016(es7)のクラス構文内でのプロパティ代入がSyntax Errorと判定されます。私のESLint設定などに誤りがあるのでしょうか。 それとも非対応で"parser": "babel-eslint"を利用する必要があるのでしょうか。

    class MyComponent extends Component {
      state = {
        open: false,
      }
    }

    再現コードをGistに置きました
    https://gist.github.com/noriaki/47835ed21afe0cd1a34ad28b0fc23c11

    Toru Nagashima
    @mysticatea
    プロパティ代入は ES2017 の有効な構文ではないので、ESLint の標準パーサーではサポートしていません。標準化プロセスの Stage 2 にあり、まだ構文が変わったり標準から外れたりする可能性があります。その辺を認識した上で、babel-eslint をご利用ください。
    Noriaki UCHIYAMA
    @noriaki
    なるほど、ありがとうございます! 認識してbabel-eslint使おうと思います
    Marat Vyshegorodtsev
    @touzoku
    こんにちは。eslintのtraverserについて聞きたいですが、自分のノードタイプを追加した場合、どうやってtraverserの設定すればいいですか?
    Toru Nagashima
    @mysticatea
    せいしきな方法は、実はありません。現在その方法を追加するための議論が行われています。
    現状で行いたい場合は、babel-eslint のコードが参考になると思います。estraverse と escope にモンキーパッチを当てます。
    Marat Vyshegorodtsev
    @touzoku
    了解しました。ありがとうございます。monkey patchをしようとしましたけど、ややこしくて諦めました。結局自分のacorn pluginに新しいノードタイプを作りました。それなら、field enumerationしてくれますね、estraverseさん
    Standard Software
    @standard-software

    できないかもしれないのですが、こちらで質問してみました。長いのですが、短くいうと、var宣言のところだけ、インデントチェックしたくない、というところなのですが、
    そのような設定を[.eslintrc.js]で行うことはできますでしょうか?

    javascript - ESLintで、特殊なインデントでエラーが出ないようにしたい - スタック・オーバーフロー
    https://ja.stackoverflow.com/questions/35233/eslint%e3%81%a7-%e7%89%b9%e6%ae%8a%e3%81%aa%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%b3%e3%83%88%e3%81%a7%e3%82%a8%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%81%8c%e5%87%ba%e3%81%aa%e3%81%84%e3%82%88%e3%81%86%e3%81%ab%e3%81%97%e3%81%9f%e3%81%84

    Toru Nagashima
    @mysticatea
    あー、はい。標準のルールでは "最後の VariableDeclarator だけインデントを無視する" というのは、できないですね。すべての VariableDeclarator のインデントを無視することはできたと思います。
    このような個人ルールをサポートするために、ESLint にはプラグインの仕組みがあります。ちゃんとした日本語資料はないですが http://qiita.com/mysticatea/items/cc3f648e11368799e66c など見つつプラグイン作成に挑戦してみても良いかも?
    https://github.com/eslint/eslint/blob/master/lib/rules/indent.js#L1216 をコピペして、VariableDeclaration の周りを修正する感じになると思います。
    Toru Nagashima
    @mysticatea
    あるいは、回答にあるようにカンマをやめてそれぞれに var を書くのが良さそうです。この場合は one-var ルールの never オプションを併用するとスタイルを揃えられます。
    Standard Software
    @standard-software
    ありがとうございます。了解しました。リンク先でも助かります。
    Toru Nagashima
    @mysticatea
    日本語化プラグインを実験中...
    Kouki Narumi
    @sunecosuri
    こんにちは、1点質問です。
    TypeScriptを使っているプロジェクトでTSLintからESLintに置き換えようとしているのですが、TSLintでいう「no-floating-promise 」相当のルールって既にあるのでしょうか?ドキュメントのルールを見る限りそれらしいのがなかったように思いました。
    もし現時点でリリース予定や検討中などでないのであれば自分でルール書いてPR送ったりできないか考えています。
    Toru Nagashima
    @mysticatea
    こんにちは。
    TSLint ルールと ESLint ルールとの対応付けは、https://github.com/typescript-eslint/typescript-eslint/blob/master/packages/eslint-plugin/ROADMAP.md にまとまっています。見てみると、no-floating-promise はまだ無さそうですね。
    Issue もないので、たぶん誰も作業していないです。PR 送って頂けると嬉しいです :smile: TSLint にあるルールならいきなり PR でも大丈夫だとは思いますが、一度 Issue 開いた方が安全です。
    Kouki Narumi
    @sunecosuri

    TSLint ルールと ESLint ルールとの対応付け

    typescript-eslint リポジトリの方に対応表があったのですね。ありがとうございます!

    一度 Issue 開いた方が安全です。

    ルールの追加方法などまだ諸々読み込めていないのである程度やり方わかったらissue立てようかと思います。
    詰まったりわからないことがあればまた相談させてください。

    Toru Nagashima
    @mysticatea
    はい! :+1: