Where communities thrive


  • Join over 1.5M+ people
  • Join over 100K+ communities
  • Free without limits
  • Create your own community
People
Repo info
Activity
  • Mar 19 2018 03:23
    okkez opened #5
  • Jul 13 2017 04:10
    kou commented #4
  • Jul 13 2017 04:10

    kou on master

    Add missing plugin info see ht… Merge pull request #4 from kenh… (compare)

  • Jul 13 2017 04:10
    kou closed #4
  • Jul 13 2017 03:04
    kenhys commented #4
  • Jul 13 2017 03:04
    kenhys opened #4
  • Aug 10 2016 01:33
    kou commented #3
  • Aug 09 2016 09:55
    TakumiSakamoto commented #3
  • Aug 09 2016 05:42
    kou commented #3
  • Aug 09 2016 03:26
    TakumiSakamoto opened #3
  • Aug 01 2016 12:57
    kou commented #2
  • Aug 01 2016 12:57

    kou on master

    Adjust plugin.json to version 3 Merge pull request #2 from Taku… (compare)

  • Aug 01 2016 12:57
    kou closed #2
  • Aug 01 2016 10:48
    TakumiSakamoto opened #2
  • Jun 20 2016 10:44
    TakumiSakamoto commented #1
  • Jun 19 2016 01:01
    kou commented #1
  • Jun 18 2016 22:13
    TakumiSakamoto commented #1
Sutou Kouhei
@kou
サイズ的には変わんないからサイズ面では嬉しくなさそう。
Masafumi Yokoyama
@myokoym
http://packages.groonga.org:10041 のLogs.codeがそうだったのですが、これは数値というより定数なので特殊ケースですね。
対象外でいい気がしてきました。
Sutou Kouhei
@kou
Logs.codeは統計情報用の数値じゃないからグラフにしないんじゃないかなぁ。
単位時間あたりに何回200だった、とかは統計情報用の数値だけど、それはドリルダウンした結果だから今想定しているのとは違うんじゃないかなぁ。
統計用の数値ってたとえばCPU使用率とか単位時間あたりのNICの通信量とかね。
Masafumi Yokoyama
@myokoym
具体例ありがとうございます。私もそう思います。
NICってなんだろう
ネットワークインターフェースカードか
Masafumi Yokoyama
@myokoym
ライセンスの設定を忘れていた
Grafanaと一緒に使いやすいようにGrafanaと同じにしよう
Masafumi Yokoyama
@myokoym
grafana-zabbixみたくプロジェクトルートをそのままpluginsにコピーするんじゃなくて、1階層増やしたほうがよかったかな。ディレクトリのリネームが不要になる
あー、でもそれだとGit管理しながらの開発がしづらくなるのか。今のままでいいか
Sutou Kouhei
@kou
あぁ、そうですね。NICはネットワークインタフェースカードです。すいません。
リリース用のアーカイブをGitHubが勝手に作ってくれるやつじゃないのにするのがいいんじゃないですかねぇ。
v0.1.0.tar.gzって、なんか、情報量が足りないなぁっていう感じがします。
Masafumi Yokoyama
@myokoym
そうですね、アーカイブのまま取り回すことを考えるとあまり親切ではないですね。展開後と同じ名前(grafana-datasource-plugin-groonga-0.1.0.tar.gz)にします。
Masafumi Yokoyama
@myokoym
Webからダウンロードすれば↑の名前になるけど、wgetだとv0.1.0.tar.gzになる
Sutou Kouhei
@kou
あぁ、であればwget --content-disposition https://github.com/groonga/grafana-datasource-plugin-groonga/archive/v0.1.0.tar.gz にすればいいんじゃないですかねぃ。
Masafumi Yokoyama
@myokoym
おお、こんなオプションがあるんですね。これでもよさそうです。今回はreleaseページにリネームした.tar.gzをアップロードしました。
Sutou Kouhei
@kou
Groongaのmasterに指定した範囲の時間でdrilldownできる機能を追加しました。
これを使えば1分以内に発生したレコードを同じグループとしてdrilldownできます。
この機能を組み込んでみませんか?
TakumiSakamoto
@TakumiSakamoto

あまり時間が空いてしまっても良くないので、近況報告です!

昨夜ようやく、Grafanaを動かせる環境が整いました(OSで苦労していました)。そして早速「type」にGroongaが出てこないなぁと困り始めました。この土日で、こちらのチャットログも参考にしながら解決したいと思っています。

また、作業履歴に残すほどでもないなぁということもTwitterに書き残そうと思い立ち、アカウントを作りました。よろしければ、手軽な生存確認(?)にお使いください!
https://mobile.twitter.com/saka_sige

Sutou Kouhei
@kou
Grafanaのバージョンはいくつですか?
#groonga ハッシュタグを入れてもらえると確認が捗るのでうれしいです!(Twitterはあんまりタイムラインを見ていなくて、キーワードにひっかかったやつを見るという感じなのです。。。)
TakumiSakamoto
@TakumiSakamoto

Grafanaは3.0.4です。(ダウンロードページのBreaking changesにプラグインのことが書いてありますね...関係ありそう)

Twitterのハッシュタグ、承知しました!

Sutou Kouhei
@kou
あぁ、今のgrafana-datasource-plugin-groongaはGrafana 2用に作ったものなので、3では動かないんですよね。。。
なので、まずは3でプラグインを認識してもらうところからのスタートですね。
今のコードと http://docs.grafana.org/plugins/datasources/ を参考にしながら試行錯誤することになると思うんですが、私もサポートするのでチャレンジしてみませんか?
TakumiSakamoto
@TakumiSakamoto

なるほど、わざわざリンクまでありがとうございます。
むしろ私で良ければ是非ともよろしくお願いします!プログラミングにワクワクできる機会を頂けて嬉しいです!

まずはじっくりドキュメントとサンプルとを読んでみます。JSの知識の整理もしておきます(これまで自分で高度なことはしてこなかったので)。

Sutou Kouhei
@kou
じゃあチャレンジしましょう!
ドキュメントとサンプルを読むところからはじめるのはよいと思います!
TakumiSakamoto
@TakumiSakamoto
直接ご連絡するのがお久しぶりになってしまいました。すみません。
今日のGroonga勉強会でプラグインのこともお話しできたらと思っていたのですが、体調不良のため欠席させてください...
プラグインは、
・ドキュメントを読む
・サンプルを読む
・他のプラグインを眺める
・プラグインとして認識させて、最初の設定画面を出す
ところまでをやりました(時間が少しずつしか取れず、すみません...)。いまは、AngularJSを触ったことがなく、知らぬ間に悪いパターンで書いてしまうのが嫌だったので、実装は少し手を休めて勉強を進めている状況です。
次の週末を目処に実装を再開する目標でいます。
Sutou Kouhei
@kou
なるほど!状況の共有ありがとうございます!

まず、

・プラグインとして認識させて、最初の設定画面を出す

の分をpull requestにしてみませんか!?

現状、それすらもできない状況だと思うので、↑ができるようになるというのは改善されていると思います。
あと、練習になっていいんじゃないかと思います。
TakumiSakamoto
@TakumiSakamoto
ありがとうございます!早速プルリクエストをお送りしました。
プルリクエストを使う開発をしたことがなかったのでネットで調べつつやってみました。なにか間違いがあればご指摘いただけると嬉しいです。
Sutou Kouhei
@kou
大丈夫だったので取り込みました! json を調整するだけでよかったんですね。
こんな感じで練習がてらこれからもやっていきましょう!
TakumiSakamoto
@TakumiSakamoto
ありがとうございます!よろしくお願いします!
TakumiSakamoto
@TakumiSakamoto
サンプルと他のプラグインを参考にして、設定画面に出る"module.js"が読み込めないエラーを消しつつ、設定詳細パネルを形だけ出すようにしました。
(おまじない的に書いてみたので、これで良いのか不安。。)
Sutou Kouhei
@kou
継続的に進めていてすばらしいです!
どんなコードになっているか見てみたいのでpull requestにしてもらえませんか!?
TakumiSakamoto
@TakumiSakamoto
リクエストをお送りしました!お願いします!
TakumiSakamoto
@TakumiSakamoto

遅くなってすみません!module.js内のSystem.registerの詳細が掴めず、あたふたしていました。

ドキュメントが特に詳しくないので、
http://docs.grafana.org/plugins/development/#modulejsts
この辺りや( https://github.com/systemjs/systemjs/blob/master/README.md )、
この辺りを読みながら、うーんとなっています。
https://github.com/ModuleLoader/es-module-loader/blob/master/docs/system-register.md

JavaScriptメインで何かを作っている人には常識だったりするんでしょうか...もう少し調べつついじってみます。

Sutou Kouhei
@kou

http://docs.grafana.org/plugins/development/#examples に載っている一番上の例 https://github.com/grafana/simple-json-datasource を見てみたんですが、たぶん、人が書くのは https://github.com/grafana/simple-json-datasource/tree/master/src でそれを変換して https://github.com/grafana/simple-json-datasource/tree/master/dist にしています。
System.registerは変換した方にしかでていなくて、人が書く方はimportとか書いています。

たぶん、importはECMAScript 6で使える書き方で、System.registerはECMAScript 6に対応していない環境でも同じように動くための互換レイヤーだと思います。なので、私達は次のように進めるのがいいんじゃないかと思います。

  1. https://github.com/grafana/simple-json-datasource/blob/master/Gruntfile.js を参考にECMASCript 6でコードを書いてWebブラウザーで動いているJavaScript処理系でも動くコードに変換する仕組みを作る。
  2. https://github.com/grafana/simple-json-datasource/blob/master/src/module.js のようにECMAScript 6の書き方(System.registerではなくimportを使う)で書く。
TakumiSakamoto
@TakumiSakamoto
そういう仕組みだったんですね。。詳しくありがとうございます。
明日時間があるので、お伝えいただいているステップに取り組んでみます。ありがとうございます。
Sutou Kouhei
@kou
私も答えを知っているわけではないので一緒に考えていきましょう!