These are chat archives for groonga/grafana-datasource-plugin-groonga

8th
Feb 2016
Masafumi Yokoyama
@myokoym
Feb 08 2016 12:46
ありがとうございます!そうみたいです。
Masafumi Yokoyama
@myokoym
Feb 08 2016 13:19
ダッシュボードのグラフが出た。時刻表示は合っているように見える。
これはサンプルデータでした
Metrixでデータソースをpackagesにして出たグラフでは確かに時刻表示がおかしいです
Masafumi Yokoyama
@myokoym
Feb 08 2016 13:28
クエリーを編集できるようにしたいな。
Masafumi Yokoyama
@myokoym
Feb 08 2016 13:48
まずテーブルを選べるようにしてみよう
Masafumi Yokoyama
@myokoym
Feb 08 2016 14:16
グラフのMetricsで選べるようにするには、partials/query.editor.htmlとdirectives.jsとquery_ctrl.jsを作ればいいのか
Masafumi Yokoyama
@myokoym
Feb 08 2016 14:58
テキストボックスは出てきた。次はGroongaDatasourceのqueryに反映させるところから。
Kouhei Sutou
@kou
Feb 08 2016 15:38

Metrixでデータソースをpackagesにして出たグラフでは確かに時刻表示がおかしいです

だよねぇ。なんか追加の情報が必要なのか、時刻を30秒毎にまとめていないからなのかとかかなぁと思うんだけど。

クエリーを編集できるようにするのはいいね。やろうと思っていた。
packages.groonga.orgのアクセスログだとまばらでサンプルに使うには向いていない気がしてきたんだよねぇ。リクエスト数1のところがほとんどだし。
Kouhei Sutou
@kou
Feb 08 2016 15:47
require "json"
puts("load --table data")
puts("[")
time = Time.now - (60 * 60 * 24)
0.step(60 * 60 * 24 * 2, 30) do |interval|
  time += interval
  puts(",") if interval > 0
  print({"timestamp" => time.to_i, "value" => rand(100)}.to_json)
end
puts
puts("]")
みたいなのでテストデータを作ったほうがいいかもしれない。