Where communities thrive


  • Join over 1.5M+ people
  • Join over 100K+ communities
  • Free without limits
  • Create your own community
People
Activity
    FUJI Goro
    @gfx
    さすがにリンク記法をルビのために拡張するのは覚えられなそうですね…。
    redmineいろいろ拡張してますね。おもしろい。
    Michiaki Baba
    @babie
    汎用の図を書く言語って何かいいのありますか?
    Takuma Ishikawa
    @nekketsuuu
    こんにちは。「汎用の図」というのは、ネットワーク図やグラフの図だけではなくて、一般の画像も取り込みたいという意図でしょうか? また、テキストとして .md ファイルを見たときに図として見えて欲しいのか、何かしらの処理後に図として見えれば良いのかでも答えが変わってきそうです。
    ネットワークの図なら、古典的ですが DOT 言語を思い出しました。
    Michiaki Baba
    @babie
    TeX記法のように途中に挿入できると良いと思いますので、.mdは変わらないと思います。画像の取り込みはその図の言語次第でしょうか。
    Takuma Ishikawa
    @nekketsuuu
    ああ、「汎用の図」って、PowerPoint でいうところの「図」みたいな感じでしょうか?
    Michiaki Baba
    @babie
    パワポわからん……
    FUJI Goro
    @gfx
    そもそもその図を書くソフトウェアがなにか次第ではありますね…。
    Takuma Ishikawa
    @nekketsuuu
    LaTeX がフルに使えるなら TikZ を使って書くことはできそうですね。
    FUJI Goro
    @gfx
    PlantUMLをサポートしてる方言ならいくつかありますが(うちのKibelaとか)
    LaTeX...
    SVGうめこみ…はまあ、画像とおなじですしねえ。
    Toshiaki Baba
    @netmarkjp
    個人的には、Previmでメモ取ってるのでmermaid埋め込みをよく使います
    FUJI Goro
    @gfx
    「良い感じの図をソフトウェアをくれ!話はそれからだ!」という感じがする。
    mermaidも人気ありますね〜
    Michiaki Baba
    @babie
    TikZ見てました。汎用ですね。
    mermaid.js、割と自由に書けるみたいですね。自分が組み込むならこれにしようと思います。
    ありがとうございました。
    FUJI Goro
    @gfx
    mermaidjsエラーハンドリングまわりはどうなんでしょう。去年ためしたときはPlantUMLにくらべて全然エラーを報告してくれなくて辛かったのでKibelaでの採用を見送ってる状態なんですが、そこが解決されたのなら検討したい気もします。
    Takeshi KOMIYA
    @tk0miya
    5年前はいい感じのツールがなかったので blockdiag を作ったんですが、いまなら PlantUML と mermaid でいい気がしますね。
    (正確には PlantUML は既に存在してたんだけど、僕が知らなかっただけなんですが)
    Yuki Fujiwara
    @sky-y

    別件ですが、Pandoc 2.0がリリースされました。
    https://github.com/jgm/pandoc/releases/tag/2.0

    Markdown的にでかい話としては、CommonMark準拠のGFMが、新フォーマット gfm として実装されました。(従来の markdown_github はdeprecatedに)

    他にも、見出しのスペースを強制するオプション space_in_atx_header など色々追加や変更があります(まだ全部追い切れてない)。

    FUJI Goro
    @gfx
    @sky-y 余談ですが、pandocってどういう人達が何のために使ってるツールなんですか?
    Yuki Fujiwara
    @sky-y

    @gfx 様々過ぎて把握しきれてないですが、知ってる限りでは

    論文を書く: Markdown→LaTeX
    ビジネス文書や小冊子を作る: Markdown→LibreOffice Writer/Word
    プレゼン資料作る: Markdown→reveal.js/LaTeX Beamer
    技術書典で同人誌作る: Markdown→Adobe InDesign
    他の軽量マークアップ言語のユーザー: (色々)→Markdown

    その他、「LaTeXのドキュメント資産をEPUBに変換」とか「各種アプリやWebサービスのドキュメントパーサとして組み込む」など色々あります。

    FUJI Goro
    @gfx
    なるほど。いろいろありますね。身近なところで使ってる人をみたことなかったのでどんなものだろうと思ったのでした。
    Takafumi ONAKA
    @onk
    ```kanban
    なるほどー
    FUJI Goro
    @gfx
    Collaborate freely and openly with markdown and applications
    🤔
    Takafumi ONAKA
    @onk
    日本語こちらです
    http://cattaz.io/index-ja.html
    FUJI Goro
    @gfx
    cool
    Markdownとアプリによる自由闊達なコラボレーションツール
    なるほどわからんw
    なるほど、 ```kanban ... ``` おもしろい。
    あ〜富士通がだしたっていうやつですか。
    FUJI Goro
    @gfx
    GitHub Flavored Markdownの実装を担う github/cmark がkramdown式のfootnotesをサポートしたようですね。 github/cmark#64
    そのうちGitHubでも使えるようになるかも?
    Kibelaでも試すのですんなり動けば今日中に使えるようになりそう。
    Hiroshi Takase
    @lostandfound
    Footnotes嬉しいです
    FUJI Goro
    @gfx
    CommonMarkにもfootnotesがはいりますように :pray:
    Yuki Fujiwara
    @sky-y
    👏
    藤原 惟
    @sky_y_twitter

    Markdown Night 2017 Summer でLTしたときの「Markdown本」企画ですが、ひとりAdvent Calendar形式で本日より書いていきます。

    【投げ銭】文系のためのMarkdown入門【書籍化企画】|藤原 惟|note

    本日の記事: Markdownのご紹介(Day 1)|藤原 惟|note

    12/25まで毎日書いていく予定です。よろしくお願いします。

    なおタイトルの「文系」ですが、非技術系ユーザ(物書き、ビジネスパーソン、文系研究者など)という意味で使っています。
    技術的に込み入った話はしないですが、ユーザ視点で「多種多様な処理系がある状況で、どのようにMarkdownを活用すべきか」の指針を中心に書いていく予定です。
    FUJI Goro
    @gfx
    すばらしい取り組みだと思います!! :tada:
    完成したらKindle Direct Publishingしちゃいましょう!!
    藤原惟📕Markdownライティング入門
    @skyy_writing_twitter

    藤原惟です。(アカウント変わってますが本人です)

    こっちに投げるの忘れてましたが、「Markdownをこれから覚える初心者向け」のMarkdown入門書を、無事商業誌としてリリースできました!

    『Markdownライティング入門』(インプレスR&D)

    基本的にはMarkdownの利用者視点ですが、CommonMark(+GFM)に準拠した形で説明しています。

    一方で、「Markdownとは何か」という定義についての試論や、John Gruberの思想やCommonMark制定の過程など、Markdownフリークにも楽しめる内容も含めています。

    なお、世の中にたくさんあるMarkdown対応Webサービス・エディタ・アプリなどを網羅できていません。(本書の中でもかなり挙げたのですが、多すぎても混乱するので今回は厳選しました)

    なので、今後は「Markdownのワンストップ・ハブ的サイト」を作る必要があるかと思います。(今はPandocユーザーズガイド日本語版の方も進めているので、今はこっちにリソース割けないですが……)

    今後もよろしくお願いします。
    そして、Markdownの布教用にぜひ『Markdownライティング入門』をご活用ください!!(笑)