Where communities thrive


  • Join over 1.5M+ people
  • Join over 100K+ communities
  • Free without limits
  • Create your own community
People
Activity
    Sutou Kouhei
    @kou
    https://github.com/oss-gate/workshop/tree/master/tutorial/retrospectives と各イベントの申込人数を見ると比較できないですかねぃ。
    Haruki TSURUMOTO
    @tSU-RooT
    人数だけなら、それでわかるかも。3月以降の見てみますか。
    IdeKent
    @_ideKent_twitter
    関西でoss gateあると嬉しいなとつぶやいたら、いつの間にかここにたどり着いていたidekentといいます。以後、よろしくお願いします。
    Sutou Kouhei
    @kou
    @_ideKent_twitter 関西でのOSS Gateワークショップ開催を実現するまでの流れですが、以下のような感じです!
    1. 何人か仲間を集める。1人だと相談できないので少なくとも2,3人いた方がよさそうです。札幌は3人から始めました。 @springaki が初期仲間になりそうな気がします。
    2. 関西で初期仲間を集めてキックオフをする。私がOSS Gateのこととか関東でのワークショップのことを共有しに行きます。具体的にどう進めていくか実感がわかるはずです。参考:札幌でのキックオフのイベントページ
    3. まず1回実際にワークショップを開催してみる。初回は私がお手伝いに行きます。札幌の初回開催のときは私以外に数人関東からお手伝いに行きました。参考:札幌の初回のワークショップのレポート
    4. 継続してワークショップを開催してみる。前回の経験を活かしながらうまくやるやり方を探していくサイクルを作れればしめたものです。ちなみに、札幌は明日が2回目の開催です。なにか困ったらここで関東の人たちや札幌の人たちと相談できるので安心してください。
    Haruki TSURUMOTO
    @tSU-RooT
    38/10  80%
    512/16 75%
    711/19 57%
    914/24 58%
    リポジトリ数(目で計測) / Doorkeeperのチケット数
    で測りました。
    Sutou Kouhei
    @kou
    あざっす!Doorkeeperのチケット数ってメンター込みですか?もし、メンター込みならメンターは抜いた方がよさそうです。メンターはあまり無断欠席しないんですよ。
    Haruki TSURUMOTO
    @tSU-RooT
    メンターは抜いてます、キャンセル待ちがいなければチケット数=予定参加者のはずです。
    Sutou Kouhei
    @kou
    であれば、今回の参加率が60%以下ならキャンセル関係なく参加率が低下していそうですね!
    ところで、この参加率のデータは後からも参照しそうなのでリポジトリーに入れておいてもらえませんか?
    Haruki TSURUMOTO
    @tSU-RooT
    了解しました。もう一回チケット数数え直したら、リポジトリに入れます。
    IdeKent
    @_ideKent_twitter
    @kou :ご教示ありがとうございます。皆様とご相談しながら着実に進めていけたらなと思います :satisfied:
    Sutou Kouhei
    @kou
    @_ideKent_twitter まわりに興味のある人がいたら誘ってみてください!
    Haruki TSURUMOTO
    @tSU-RooT
    あれ、Markdownでデータ作ったけど、どこのリポジトリが適切かな
    Sutou Kouhei
    @kou
    https://github.com/oss-gate/workshop/ 以外に候補がありましたっけ。
    Haruki TSURUMOTO
    @tSU-RooT
    他の候補だとresourcesとかですね、workshopだとworkshop/dataみたいなディレクトリ作って入れましょうか
    Sutou Kouhei
    @kou
    ではそれで!
    ogom
    @ogom
    関西でOSS Gateワークショップを開催されるなら協力したいです。
    IdeKent
    @_ideKent_twitter
    @ogom さんありがとうございます。是非一緒に開催しましょう
    ogom
    @ogom
    @_ideKent_twitter さんよろしくお願いします。
    Koichi ITO
    @koic

    @kou 懇親会でお話しされていた12月の会場探しはこちらでしょうか?
    https://oss-gate.doorkeeper.jp/events/54119
    12/13(火)ですと弊社からの会場提供はできませんでした。

    日曜日の開催と聞いた気がしたため (聞き間違いでしたらすみません) 、もし認識が異なるようでしたら日時 (あるいは URL) を教えて頂けると助かります :pray:

    Aki
    @springaki

    @springaki が初期仲間になりそうな気がします。

    @kou mention ありがとうございます。
    @_ideKent_twitter こんにちは ! 神戸.rb の Aki と申します。ぜひお話できればと思いますー ! @ogom さんもよろしくお願いします :blush:

    ogom
    @ogom
    @springaki さん、よろしくお願いします :smile:
    Sutou Kouhei
    @kou
    @koic それであっています!そういえば火曜日なのでムリでしたね!それはそうと、ぜひこの会に参加して一緒にOSS Gateの今後を考えられるといいなぁと思っています!
    @_ideKent_twitter @ogom @springaki 3人も集まったのでやりましょう!
    まずは以下を決めるとよさそうな気がしますがどうですか!?
    • いつぐらいに「キックオフ」を開催するか。
    • どこで「キックオフ」を開催するか。(「大阪」とか「神戸」とかいうくくりだと場所はある程度限定されそうだけど、「関西」だといろいろ候補がありそう。)
    @tSU-RooT 昨日の回の参加率も確認してもらえませんか!?印象レベルだと、参加率が高かった気がします!
    Haruki TSURUMOTO
    @tSU-RooT
    当日、ビギナー席にいた人は目視だと12でチケットが20です(たしか)
    Sutou Kouhei
    @kou
    とすると参加率は60%でこれまでと変わらないので効果はないってことですかねぃ。
    (ここだと情報が流れてしまうのでリポジトリーのデータも更新しませんか!?)
    Sutou Kouhei
    @kou
    次回から東京のワークショップ名に「東京」と入れて「OSS Gateワークショップ東京YYYY-MM-DD」にしようかと思うんですがどうですかねぃ。
    これから東京以外でも開催することが増えると思うので、「東京」と付けておいた方が参加者にわかりやすいんじゃないかと思うからです。
    Tada, Tadashi
    @tdtds
    あー、やっぱり。プルリク送る練習にはいいんだけど、YAMLを手で書いてもらうのは課題あるねぇw
    あと「東京」つけるのは賛成です
    Haruki TSURUMOTO
    @tSU-RooT
    リポジトリのデータ更新しました
    Sutou Kouhei
    @kou
    アンケート結果整形スクリプトをシンタックスエラーがあったらその旨を表示するようにした(これまでも黙って無視していた)ので、今後は進行役が気付けるようになったはずです。なので、進行役がシンタックスエラーを直す、でいいんじゃないかなぁと思いました。
    せっかくなのでpull requestの練習もしてもらいたいですし。
    「東京」つけました!
    更新あざっす!
    改めて思い出してみたんですけど、ビギナーって14人じゃなかったですか?ビギナーが4人いる島が3つで2人いる島が2つだったんで。
    Haruki TSURUMOTO
    @tSU-RooT
    しまった、札幌が3つ加算されていて、加算してない閉じてるIssue5つありました。
    足し引き+2ですね。
    Tada, Tadashi
    @tdtds
    TravisCIでretrospectives配下の*.yamlをチェックすればいいんだ :bulb:
    ogom
    @ogom
    OSS Gateワークショップin関西でも、その開催地の地名でもよいですね。
    t_osawa
    @t_osawa_twitter
    9月に東京のworkshopに参加した大澤といいます。ビギナーなんですが、関西でのworkshopぜひお手伝いさせてください!
    Koichi ITO
    @koic
    @kou ふりかえり日程のご回答ありがとうございます。参加登録しました。
    Yasunori Goto
    @y-goto
    結局ビギナー参加者数は14人でしたね。残ったチケットは20チケットなんで、前回よりも出席率はいいですね。
    なお、後で気が付いたのですが、9月の時と比べて、今回のリマインダはキャンセルを促す際のURLを明記してあったのが良かったと思っています。(9月の時は、私はURLを貼ってなかったようです)。
    Sutou Kouhei
    @kou
    あぁ!札幌版は「in札幌」なのか。
    東京も「in」を付けたほうがいいかしら。。。
    CoderDojoは「in」なしで「CoderDojo#{地名}」で、
    Rails Girsはアルファベットで「Rails Girls #{Location}」なのか。
    どうするのがいいですかねぃ。次回のワークショップまでには決めたいなぁ。
    @t_osawa_twitter おぉ!ぜひぜひ。 @_ideKent_twitter @ogom @springaki らも喜ぶはずです!
    @koic さすがです!後輩たちも誘っていいですよ!
    ogom
    @ogom
    CoderDojo も「CoderDojo #{Location}」だったりします。Rails Girls と同じで世界各地で開催されています。(より小さい地域で開催するために街の名前を付けて、さらに愛着を込めて日本語にしているんだと思います。)
    Ryunosuke Sato
    @tricknotes
    札幌に "in" をつけていたのはなんとなくで特にこだわりはありません!なので、東京を "in" なしにするのであれば札幌もあわせて "in" を取っちゃおうと思います!
    Sutou Kouhei
    @kou
    では「in」なしでいきましょう!
    OSS Gateも世界規模で開催するようになるはずなので!
    「OSS Gateワークショップ#{地名}」(日本のCoderDojoリスペクト)か「OSS Gate Workshop #{Location}」(世界のCoderDojo/Rails Girlsリスペクト)推奨にしましょう!
    ogom
    @ogom

    各地域に入り口(Gate)があるイメージでは「OSS Gate #{Location} Workshop」と Workshop の位置を変えてもよいかと思いました。思い切って "Workshop" もなしでいくとか!

    "OSS Gate" は空間を示す言葉ですが、それが行為を示す言葉になるとよいですね。(フォーラムやワークショップも空間を示す言葉ですが、現在は活動を示す言葉に使われています。)

    ogom
    @ogom
    @springaki さんと会って、関西開催のキックオフを12月中にオンラインでも今後の進め方などを決めたらよいかなと話していました。あと関西のエンジニアが8人くらい協力してくれそうです。