Where communities thrive


  • Join over 1.5M+ people
  • Join over 100K+ communities
  • Free without limits
  • Create your own community
People
Activity
    Kimiaki Kuno
    @knokmki612
    アンケート回答のしかたはここに全部書いてあるので、分からなかったらみてみてください https://github.com/oss-gate/workshop/blob/master/tutorial/retrospectives/README.md
    duck-0604
    @duck-0604
    みなさま本日は誠にありがとうございました。優しく教えていただいたおかげでほんのり雰囲気がわかりました。また機会があれば積極的に参加させていただきたいです。今後ともよろしくお願いいたします。
    Kimiaki Kuno
    @knokmki612
    :+1: よろしくお願いします!
    写真をアップロードしました!ブログやSNSにご自由にお使いください!
    Mitsuaki Ando
    @m-ando-japan
    :+1:
    むじん@webエンジニア🦏
    @mu2in_twitter
    お疲れ様でした!
    むじん@webエンジニア🦏
    @mu2in_twitter

    オープンソースを定義付けるために、OSIという団体が「Open Source Defition(以下、OSD)」を掲げている。
    OSIはOSDのもと、団体が認定してるライセンスをオープンソースライセンスと定義している。これは、OSSライセンスの氾濫やオレオレライセンスの増殖を引き起こさないようにライセンスレビューなどを経て認定される。

    ‪OSS Gateでは、OSSを定義付ける簡潔明瞭な手段としてOSIが掲げるオープンソースライセンスにあるものをOSSと‬して紹介している。

    「OSS Gate」は、OSS開発に参加する「入り口」を提供する取り組みです。 OSS開発に未参加の人を参加する人へ、少し参加したことがある人を継続的に参加する人へ。そうやってOSS開発に参加する人を継続的に増やしていく。それが「OSS Gate」の目的です。

    ここではOSS開発と言っているけど、自由なソフトウェア開発に取り組む人たちを「OSS Gate」は歓迎します!

    って感じかな。

    Kimiaki Kuno
    @knokmki612
    generalであげてもいい話題ですね!自分もあのリプツリーをみて色々勉強になりました
    むじん@webエンジニア🦏
    @mu2in_twitter
    サポーターとして認識を合わせておきたいと感じました!
    Kimiaki Kuno
    @knokmki612
    そうですね!
    むじん@webエンジニア🦏
    @mu2in_twitter
    リプツリーに猫アイコンが2人いると混乱するという知見を得た #そこじゃない
    Kimiaki Kuno
    @knokmki612
    :laughing:
    Sutou Kouhei
    @kou

    これは、OSSライセンスの氾濫やオレオレライセンスの増殖を引き起こさないように

    「OSSライセンスの氾濫」の詳細は https://opensource.org/proliferationhttps://opensource.org/proliferation-report です。

    「オレオレライセンスの増殖」ではなくて、「オレオレOSS定義の増殖」のつもりでした。でも、これは、私が個人的に心配しているだけであってOSIが心配しているわけではないので、このようなまとめには入っていなくても大丈夫なたぐいのものです。

    OSS Gateでは、OSSを定義付ける簡潔明瞭な手段としてOSIが掲げるオープンソースライセンスにあるものをOSSと‬して紹介している。

    「OSS Gateでは」というか基本的にみんな「OSS」で同じものを指した方がいいんですよ。その方が混乱しないからです。「AさんのいうOSS」と「BさんのOSS」は違うとなったら話が噛み合わなくなってしまいます。
    OSSを定義したのはOSIなのでその定義を使うのが適切です。
    で、↑みたいな言い方をすると「OSI定義じゃないOSSもあり得るんだな」みたいな印象を与えると「私が個人的に」危惧しているので、そういう言い方はしたくないんですよ。
    今は「(OSIがOSSをこう定義しているので)リストに含まれているライセンスを使っていればOSSです。そうじゃないやつはOSSじゃないです。」という説明(カッコ内は今のスライドには書いていないので進行役の人が口頭で話したり話さなかったりなはず)になっていると思いますが、それは↑だからです。

    ここではOSS開発と言っているけど、自由なソフトウェア開発に取り組む人たちを「OSS Gate」は歓迎します!

    ここは私の個人的な思惑であってOSS Gateの範疇からは超えているので気にしないでください!
    (OSS GateはOSSの開発に参加する人が増えればそれで十分で、自由なソフトウェアに関する理解を深めた人が増えたりとか積極的に自由なソフトウェアの開発に参加する人が増えたりとかはスコープ外。)

    むじん@webエンジニア🦏
    @mu2in_twitter

    @kou さん
    コメントありがとうございます。

    なるほど。
    https://opensource.org/history
    を読むと、
    「フリーウェア」に代わる用語として「オープンソース」を選定した人たちが立ち上げたのがOSIでその定義がOSDなのでそれに従うのが適切だと理解しました。
    その後に一般名詞化してしまった「オープンソース」の定義が曖昧になるというのがOSIの危惧してるところだとも書いてあったと思います(要出典)。

    「OSS」で同じものを指した方がいいんですよ。その方が混乱しないからです。
    混乱を防ぐために、OSSは同じものを指そうという考えは私も賛成です。

    しかし、その上でwebサイトを読むと「OSSライセンス」と「オープンソース」を使い分けてるように感じました。
    それで、Twitterの議論にもありましたが、OSIはOSDに従ったライセンスを「OSSライセンス」として認定するとしていて、「OSSライセンス下のソフトウェアだけがオープンソースだ」という主張はしてないように感じました。
    なので、「(OSIがOSSをこう定義しているので)リストに含まれているライセンスを使っていればOSSです。そうじゃないやつはOSSじゃないです。」という主張に違和感を感じました。
    後にリプツリーを拝見して、FAQに書いてあると理解しました。
    また、wikiのドラフト版にもいくつかその意向が書いてあったので、「OSIとしてOSSライセンス下のソフトウェアのみOSSとする」と主張されていると分かりました。

    私も私見として、「OSS Gate」はOSSという用語を使ってるので、それ以外は表向きスコープ外だけど、縛る必要はないと考えてます。

    Sutou Kouhei
    @kou

    だいたい伝わっている感じがしました!

    「フリーウェア」

    細かいのですが、「フリーソフトウェア」なんです。。。

    その後に一般名詞化してしまった「オープンソース」の定義が曖昧になるというのがOSIの危惧してるところだとも書いてあったと思います(要出典)。

    うーん、 https://opensource.org/history には書いていなそうでした。。。

    focus specifically on explaining and protecting the "open source" label

    が近そうに思えますが、↑は団体設立時の話なので「一般名詞化してしまった」ときのことと考えるのは厳しそうです。

    なので、やっぱり、OSIの危惧じゃなくて私の個人的な危惧レベルだと思います。

    「OSSライセンス」

    細かいですが、「オープンソースライセンス」ですね。(オープンソース「ソフトウェア」ライセンスじゃなくて。)

    それで、Twitterの議論にもありましたが、OSIはOSDに従ったライセンスを「OSSライセンス」として認定するとしていて、「OSSライセンス下のソフトウェアだけがオープンソースだ」という主張はしてないように感じました。
    なので、「(OSIがOSSをこう定義しているので)リストに含まれているライセンスを使っていればOSSです。そうじゃないやつはOSSじゃないです。」という主張に違和感を感じました。

    最初は↑と違和感を感じていたけど、

    後にリプツリーを拝見して、FAQに書いてあると理解しました。

    https://opensource.org/faq#avoid-unapproved-licenses を読んだら違和感を感じなくなったということですよね。

    wikiのドラフト版にもいくつかその意向が書いてあった

    お、そのWikiのドラフト版というのはどこですか?私も読んでみたいです。

    私も私見として、「OSS Gate」はOSSという用語を使ってるので、それ以外は表向きスコープ外だけど、縛る必要はないと考えてます。

    広島ではそういうカスタマイズを加えてやっていくというのもアリなので、広島のみんなで相談してどういう感じがよさそうか考えてみてください!
    もし、カスタマイズしすぎてOSSと関係なくなってしまったらOSS Gateではなくて違う名前でやる方がよいとは思いますが!

    むじん@webエンジニア🦏
    @mu2in_twitter

    表記間違いが多くてすみません。
    認識伝わったようで良かったです。

    うーん、 https://opensource.org/history には書いていなそうでした。。。
    こちら自分も記憶が曖昧なので要出典としてました。「FAQ」と「OSSライセンスの氾濫」読んで混同してしまったのかも。。

    お、そのWikiのドラフト版というのはどこですか?私も読んでみたいです。
    Authorityのドラフト版とか
    https://wiki.opensource.org/bin/Main/Communities/local_chapters/
    とか読んでました。
    Authorityはもう公式に上がってたので、以下です。
    https://opensource.org/authority

    ライセンスの有用性については
    https://wiki.opensource.org/bin/Main/Why+standardized+licensing%3F/
    が面白そうでした。

    Tada, Tadashi
    @tdtds
    OSSに縛る必要はないというのは理想的にはそうなんですが、じゃあOSDに準拠していないライセンスを持つソフトウェアにコントリビュートするにあたって適切なライセンスかどうかを判断できるのか、という問題は発生します。
    それをワークショップの枠内できちんと判断できるかというと、けっこう難しいのでは。もちろんCCライセンスのようなものなら大丈夫ですけど。
    Sutou Kouhei
    @kou

    https://wiki.opensource.org/bin/Main/Communities/local_chapters/
    とか読んでました。

    ありがとうございます!

    OSI支部の合意することリスト(ドラフト版)に↓があるので、OSS GateもOSIが認定したライセンスを使っているソフトウェアだけを「オープンソースソフトウェア」と呼んで、OSIが認定していないライセンスをオープンソースライセンス(なんでこのページだけ「Open Source Software License」になっているのだろう。ドラフト版だからかな)としないのがよいという気持ちになりました。

    • Acknowledge only licenses approves through the Open Source Initiative's License Review Process can be referred to as "Open Source Software Licenses."
    • Agree that only software distributed with an Open Source Initiative approved Open Source Software License should be labeled "Open Source Software"

    OSS GateはOSI支部ではないですけどOSIに賛同しているのでこういう活動をしているからです。

    なので、OSS Gateのワークショップではやっぱり従来どおり https://opensource.org/licenses/alphabetical に載っているやつだけを扱うのがよいと思いました。
    OSS Gateのワークショップは「初心者用(はじめてOSSの開発に参加する人向け)」に設計しているので、その中でこのあたりの話を説明して理解してもらうのは時間的にキビシイと思います。
    自由なソフトウェアとかも扱うのは今のワークショップではない別の枠組みの方が現実的だと思いました。

    Sutou Kouhei
    @kou
    従来、3-4ヶ月に1回やっていたOSS Gateのふりかえりですが、9月にやるのを忘れていたので11月中にやりたいです!
    11月26日(火)の夜はどうかと思っているのですが、もしよかったら広島チームも参加しませんか!?
    北䑓如法
    @Nyoho
    是非! 広島で集まれたら集まって、難しそうだったらリモートで参加させていただきたいです! 当日の参加者に声かけします。
    Sutou Kouhei
    @kou
    さすがです!
    東京用のイベントページを作りました!
    https://oss-gate.doorkeeper.jp/events/100340
    同じような感じで広島用も作ってアナウンスしておいてもらえますか!?
    北䑓如法
    @Nyoho
    @kou やってみます!
    そしてとりあえずイベントページ作成までできました。 < OSS Gate広島ふりかえり2019-11 - OSS Gate | Doorkeeper https://oss-gate.doorkeeper.jp/events/100403
    北䑓如法
    @Nyoho
    前回のふりかえりはzoomだったので広島チーム全員リモート参加ということも可能かと思って一旦物理会場を未定にしています。
    Sutou Kouhei
    @kou
    さすがです!
    北䑓如法
    @Nyoho
    イベントページ、リモートのみに確定しておきました。
    北䑓如法
    @Nyoho
    事前にオンラインで今回の活動をふりかえる場所を用意しています。東京・大阪・広島の人もそうじゃない人も、当日参加できる人もそうじゃない人も、ぜひこの期間をふりかえりましょう!
    北䑓如法
    @Nyoho
    ありがとうございます!
    Kimiaki Kuno
    @knokmki612
    @/all 木曜日にウェブメディアからOSS Gateへのインタビューがあるのですが、OSS Gateコミュニティで活動している各地域・企業についてもインタビュアーに紹介したいと思っているので、こちらのissueに広島地域について書いていただきたいです! oss-gate/workshop#1398
    北䑓如法
    @Nyoho
    ちょこっと書いときました!
    Kimiaki Kuno
    @knokmki612
    ありがとうございます!
    Tatsuya Sato
    @satoryu
    PyCon前夜祭みたいなハンズオンイベントPyCon JP Sprintにて、OSS Gateワークショップをやりたいと思っています。
    Sprintは、1週間の期間に有志で集まってやりたいことをやるといった雰囲気です。
    8/23 にワークショップを開催しようと思っているので、サポーターのお手伝いしてくださる方を募集しています。
    オンライン開催なので、他の地域のOSS Gateのみなさんと繋がれたらいいな、と思っています。
    もし参加出来る方がいらっしゃいましたら、 oss-gate/workshop#1350 にコメントをください。
    よろしくお願いします。
    Tatsuya Sato
    @satoryu
    Sprint参加者向けにこういうのを書いています https://gist.github.com/satoryu/e8283c95b7b4bc9d98f0615773e1d959
    北䑓如法
    @Nyoho
    情報ありがとうございます。検討します!
    Tatsuya Sato
    @satoryu
    @Nyoho さん、ありがとうございます! 参加可否決まったら教えてください。Discordの招待URLを送ります。
    北䑓如法
    @Nyoho
    @satoryu さん、最低でも僕一人は参加します!
    issueに書きに行きます
    chanyou0311
    @chanyou0311

    PyCon前夜祭みたいなハンズオンイベントPyCon JP Sprintにて、OSS Gateワークショップをやりたいと思っています。

    PyCon mini Hiroshima で @Nyoho さんの紹介をみて、OSSGate自体初めてですが私も参加しようと思います!
    issueにコメントしておきます。

    @satoryu さんに招待URL送っていただくようになりますでしょうか。よろしくお願いします。

    Tatsuya Sato
    @satoryu
    @chanyou0311 ありがとうございます!今、Discordの招待URLを送りました!
    Kimiaki Kuno
    @knokmki612

    OSS GateのDoorkeeperで東京ワークショップとして立てていたイベントについて、地域によらないオンラインワークショップという名称に変更しました。

    それにともない、ワークショップの開催についてhiroshimaチャンネルで話すきっかけを用意させていただければと思います!

    直近だと9月12日にオンラインワークショップがありまして、こちらあまり日程的な余裕がないのですが、ビギナーさんの申し込み人数が7人いらっしゃるので、9月12日にサポーターで参加できそう!という方がいらっしゃったら、今週末のあいだで検討をお願いできますでしょうか!

    以下の条件を9月7日(月)時点で満たしていれば開催、満たしていなければ中止としたいと思います。

    • サポーター(進行役含め)の申し込みが3人以上ある

    興味があったり相談したいことがあれば、以下のイベント準備用のissueにコメントをいただければと思います :pray:

    oss-gate/workshop#1416

    それ以降で現在イベントが立っているものとしては、

    があります!こちらは日程的な余裕がありますので、都合よろしければぜひ参加を検討いただいてゆっくり準備できたらと思います!

    Kimiaki Kuno
    @knokmki612
    @chanyou0311 PyCon JP Sprintのワークショップではお世話になりました!
    chanyou0311さんのワークショップのアンケートを見返していて掘り下げたいなと思ったのですが、短めの休憩(10分程度?)をはさむとしたら、いつのタイミングが良いと思いましたか?
    自分でも考えてみたのですが、フィードバックの時間以降のどこかで、その中だとアンケート記入の前なのかな?と思いました。
    chanyou0311
    @chanyou0311
    @knokmki612 こちらこそお世話になりました!
    おっしゃる通りで、フィードバック後からまとめアンケート回答振り返りと割と続いた印象が残っています。
    ただ改めて考えてみて、進行上まとまった休憩を取る必要があったというよりは「各自自由に休憩取ってくださいね」という点が押し気味でアナウンスされているとよかったなと思いました。(もしかするとされていたのかもですが、そうなると私の認識不足でした…!)
    初回の参加ということもあり、無意識に気が張っていたというのが今振り返っての気づきです。。
    Kimiaki Kuno
    @knokmki612

    たしかに作業中は各自トイレ休憩していいのですが、
    物理会場での開催より抜けにくい雰囲気があったかもしれません!

    フィードバック後からまとめアンケート回答振り返りと割と続いた印象が残っています。

    ありがとうございます、今日またDiscordでワークショップをしているのですが、終盤にひとつ5分休憩を入れてみようかなと思います!

    初回の参加ということもあり、無意識に気が張っていたというのが今振り返っての気づきです。。

    ビギナーの様子から適宜コメントされていて、いい感じにサポートされていたと思います!よろしければ、またイベントで会えることを楽しみにしています!

    Kimiaki Kuno
    @knokmki612
    @Nyoho さんもアンケート見返していて掘り下げたい点ありまして、
    午後のフィードバックの2時間近い時間を、フィードバックの段階に合わせてもう少し細かい時間配分ができる工夫がしたいなというのは自分もその通りだなあと思いました。
    そのうえで個々人のケースで異なる配分をどうやってうまくおこなうのか、うまいしくみを発明できるといいんだろうなと思うんですけど、どんなやり方がありますかねえ…
    北䑓如法
    @Nyoho
    @knokmki612 そうですよねえ。今は各サポータがそれぞれの進捗を見ながら配分をしていくという状況ですね。サポータの時間マネジメント力に頼るか、システムを作るかですねえ。
    Kimiaki Kuno
    @knokmki612
    たぶんビギナーさんが書いてからサポーターさんがレビューする流れの中で、ビギナーさんが書いているときの「待ち」の時間が読めないところが大きいですよね。
    私は「待ち」が長くなるようであれば一旦レビューして、書いてレビューしてのサイクルの回数を増やした方がいいと思っています。
    そのための私の工夫としては、「今どんな感じですか?」とpingを送ってみたり、「書きかけでもいいので一旦メモに出して見させてください!」と言ってみたりしています。