Where communities thrive


  • Join over 1.5M+ people
  • Join over 100K+ communities
  • Free without limits
  • Create your own community
People
Activity
    nekomatu
    @nekomatu_twitter
    (でもあまり私も巡回して見れてないので反応遅れる可能性大です… 
    YUKI "Piro" Hiroshi
    @piroor
    自分は平日昼間でしたら反応できる率が高いです!
    managoon
    @managoon
    ありがとうございます!
    相談したかったことは、ワークショップ内で立てたイシューが解決されていたので、対応感謝しますのようなことを書こうとしたのですが、既にクローズされているので記入してよいものか?確認させてください。。。
    nekomatu
    @nekomatu_twitter

    @managoon さん、よければその素敵なイシューのURLを共有していただけませんか?

    対応された後の対応も基本的には「郷に入っては郷に従え」です。
    他のイシューを是非のぞいてみてください。
    一言コメントを残す文化かもしれませんし、対応チケットが多くて粛々とやるのが美徳な文化かもしれません。

    managoon
    @managoon
    @nekomatu_twitter さん、こちらになります。
    pokutuna/chrome-cocopy#49
    ほぼご自身でイシューを立てて粛々と対応しているようで、判断が難しいかなと思います。
    Sutou Kouhei
    @kou
    書いていいですよ!
    私は「対応あざっす!」と書かれて嫌がる人は見たことがないです!
    世の中には嫌がる人もいるのかもしれませんが、そんなに多くなさそうです。
    ちなみに、私は書かれても書かれなくてもあんまり気にしません。
    (対応したのに感謝しないなんて失礼だな!とも思わない。)
    nekomatu
    @nekomatu_twitter

    ありがとうございます~!拝見しましたっ。
    そうですねー、こちらの例だと前例無しみたいですね。

    他の事項は kou さんの通りだと、私も思います。
    そう分かっていても書き残す側の心情として自分も結構迷うところだったりするので疑問に共感しました。ちなみに私は前例に従ってしまっている。今回の件について私はたぶん何も残さないかもです。

    YUKI "Piro" Hiroshi
    @piroor
    自分は、プロジェクトの方針に関わらず、イシューがクローズされたりプルリクエストがマージされたりして解決に向かったら「ありがとうございます!(Thanks!)」と後からでもコメントをする方針を取っています。
    managoon
    @managoon
    @kou @nekomatu_twitter @piroor
    どうしようかな〜と迷った末、やってみないと分からないところも有るかと思い、今回は感謝の言葉を書くことにしました。
    ご意見ありがとうございます!
    Kimiaki Kuno
    @knokmki612

    私もthanksぐらいの短い一言は書いても差し支えないと思います

    今回は感謝の言葉を書くことにしました。

    :+1:

    nekomatu
    @nekomatu_twitter
    👏
    今のところ、参加人数3名ですかね?
    Kimiaki Kuno
    @knokmki612
    おっと…最近はサポーターは参加申し込みしたらそのまま本申し込みになるのですが、ビギナーは参加申し込みしたらキャンセル待ちに入ります。
    イベント作成時にはビギナーの参加枠は0人に設定されているので、ビギナーは全員キャンセル待ちになります。
    サポーターの参加人数に応じて、(都度手作業で)ビギナーの参加枠をサポーターの参加人数*2で増やすようにしています。
    それで、いまサポーター3人の参加申し込みと、ビギナー3人のキャンセル待ちがいる状態になっていますね。
    開催前の状況など、説明不足ですみません。ビギナーの参加枠を6人に拡張しておきます!
    nekomatu
    @nekomatu_twitter

    https://connpass.com/ のように枠がいくつか?枠に誰がいるか?溢れているのは誰か?といったステートが見えないので観測できなかった感じですねー。

    誰もいないイベントに申し込むの勇気いりませんか? というのは気になりました。

    Kimiaki Kuno
    @knokmki612

    溢れているのは誰か?といったステートが見えない
    誰もいないイベントに申し込むの勇気いりませんか?

    その視点は持っていなかったですね…たしかに
    前々回まではビギナーの参加枠を増やすのは開催前のたしか3日前と決めていたのですが、ずっとキャンセル待ちで直前に本登録になっても参加するモチベーションが上がらないのではという推測から、前回はサポーターの人数に連動して随時ビギナーの参加枠を増やすのを試してみました。
    そのおかげか前回は8人参加で前々回より参加人数が増えたのですが、
    随時ビギナーの参加枠を増やすのは、どのくらい人が集まっているか管理メンバー以外に向けて周知するという意味でも大事そうですね!

    課題としては、ビギナーの参加枠の管理は誰かが手動でおこなう前提になっているので、誰もやらなかったらビギナーの参加枠が0人のまま時間がたってしまう点がありますかね…改善したいところです

    @nekomatu_twitter 取り急ぎ、イベント管理を一緒に取り組んでいただけそうだと思ったので、Doorkeeperの管理メンバーに招待しました!
    nekomatu
    @nekomatu_twitter
    反応遅くなりすみませんー。確認しましたっ
    YUKI "Piro" Hiroshi
    @piroor
    Doorkeeperは見ておらずこちらだけ見ている方がいらっしゃいましたら、コミュニティ状況調査のアンケートにご回答頂ければ幸いです! 回答〆切は2月12日14時です(急で申し訳ありません) https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfLGd8sEUh7yIkyJyq-LYiZ_sjvDv-SIf_RoTTkNxK9Waj9OA/viewform
    Masaki Komagata
    @komagata
    先日のワークショップにサポーターとして参加させていただいた件についてブログを書かせていただきました〜。
    https://docs.komagata.org/5794
    YUKI "Piro" Hiroshi
    @piroor
    おお、ありがとうございます!
    Sutou Kouhei
    @kou
    @komagata これは非常に興味深いですね!
    今のワークショップはプログラマー向けに設計してあるのでアンケート結果をGitでpushしてGitHubでpull requestにするとかがあるのですが、個人的にはプログラマーじゃないOSSユーザーもOSSの開発に参加する世の中になるといいなぁと思っています。
    プログラマーじゃない人でもバグレポートやテストやデバッグ(自分の手元でしか再現しないならログを収集とか)やドキュメント改良や翻訳や他のユーザーを助けるとかいろいろできることはあって中にはそういうのが苦手な開発者もいるのですごく助かる場合もあります。(私はドキュメントを書くのが好きじゃないので書いてもらえるとすごく助かります。)
    このワークショップでやっている「作業を記録しながら使ってみて記録を見返しながらつまづきに気づいてフィードバックする」という内容は割と普遍的なストーリーなのでアレンジすればプログラマーでない人向けの内容を設計できるような気はします。
    うまく問題を他の人に伝えるとか、他の人と一緒に問題を解決していくとかは、現場でも役立つスキルだと思うので、プログラマーになる前の時点でそういうことを体験できる機会が用意してあるというのはアリなのではないか!という気持ちになりました!
    現場でやることの本質はチームでの問題解決だと思うのでOSSの世界で他の人と問題解決するのって楽しいな!という機会を体験できたらこれまでと視点が変わらないかな!と思いました!(プログラミングスクールのカリキュラムだと他の人と問題解決をする体験を設計するのが難しい気がしました。)
    Masaki Komagata
    @komagata

    @kou コメントありがとうございます!
    確かに普遍的な内容ですし、体験してみると、「プログラマーってこういうことしてるんだ、楽しそう!」ってなりそうですね。

    僕もGUIのOSSソフトを気づかず使ってる人(プログラマーになる前の人)にもOSSが何かわかるようなドキュメントを用意したいなと思っております〜。

    Sutou Kouhei
    @kou
    さすがです!
    OSS Gateで対応できることを少しずつでもいいので増やしていけるといいなと思っている(けど、全然やれていない。。。)ので、プログラマーになる前の人向けのなにかも一緒にやっていけるとうれしいです!!!
    Masaki Komagata
    @komagata
    ありがとうございます、ぜひできたらいいなと思います!
    YUKI "Piro" Hiroshi
    @piroor
    来週末のOSS Gateワークショップ、サポーター登録が今のところ僕だけのようですが、他にできる方いらっしゃいませんでしょうか? https://manage.doorkeeper.jp/groups/oss-gate/events/115223
    YUKI "Piro" Hiroshi
    @piroor
    とりあえず僕はやることが確定してるので、ビギナー枠2名開放しました。
    (最少催行人数は特に定めてませんでしたが、少なすぎた場合にキャンセルとするのは、オフライン開催の会場をお貸し頂くのに人数が少なすぎると差し支えがあるから、というのが理由だと認識しているので、オンラインについては1名からでも開催かなと認識しています)
    YUKI "Piro" Hiroshi
    @piroor
    社内の人とちょっと話してたんですが、サポーター自体も拘束時間が長いのが辛いという理由もありそうとは思っていて(僕は社の方針で休出扱いにできているので、そのぶんラクをさせて頂いてます)、サポーターのスポット参戦(気が向いたときにフラッと入ってフラッと出る)をアリにするのはどうだろう、みたいな事を話していました。
    OKURA Masafumi
    @okuramasafumi
    スポット参戦ありがたいです、1時間とかでしたら参加できそう。
    YUKI "Piro" Hiroshi
    @piroor
    おお、やはり「ずっといないといけない」のは参加の障壁になるのですね……
    4月24日分ではとりあえず、サポーターのスポット訪問ありにしてみましょうか。オフラインでやってるときの感覚だと、会場を流して歩いていて、困っていそうなビギナーさん(とサポーターのペア)を見かけたら寄っていって助言する、みたいな感じが相当しそうに思っています。
    Tada, Tadashi
    @tdtds
    実は最近ぜんぜん参加できずにいるのも、週末に長時間、自宅からつなげていることができないからなんですよね……パートタイムでもやれそうならスポット参戦できるかもです
    YUKI "Piro" Hiroshi
    @piroor
    次から「前半だけ」「後半だけ」みたいな募集の仕方を試してみましょう。
    前半後半合わせて1人分サポーターが参加することになったら、その時点でビギナー枠を増やす、みたいな感じになるかな。
    YUKI "Piro" Hiroshi
    @piroor
    4月24日分から、休憩を挟んで前後どちらかだけの参加のサポーター枠を設けてみました。6月以降の回にもそれぞれ枠を作りました。
    前後両方揃ったらビギナー参加者枠を増やせますが、単純にサポーターの方が増えてくださると進行役は助かるので、都合のいい時間帯でエントリーを検討頂けると幸いです!
    Sutou Kouhei
    @kou
    1日で全部やるんじゃなくて2日(連続した日じゃなくてもよさそう)にわけて1回の時間を短くしてもいいかもしれませんね。
    YUKI "Piro" Hiroshi
    @piroor
    @kou 過去に平日夜に2回に分けて実施された事例があったと思いますが、そのときの感触的にはどうだったかんじでしょうか?
    Tomoyuki Hata
    @hata6502
    こんばんは!
    今回、初めてOSS GATEにサポーターとして参加させていただきます。
    Kimiaki Kuno
    @knokmki612
    サポーター初参加いいですね :+1:
    YUKI "Piro" Hiroshi
    @piroor
    エントリーありがとうございます!!!
    Kimiaki Kuno
    @knokmki612

    @kou 過去に平日夜に2回に分けて実施された事例があったと思いますが、そのときの感触的にはどうだったかんじでしょうか?

    2017年あたりに前後編にわけて2グループに分けて平行開催してましたね

    物理会場だと声が混じる点が難有りという反応がありましたが、オンライン開催で解決できるかも?

    https://github.com/oss-gate/workshop/tree/master/tutorial/retrospectives/2017-02-20-tokyo-meetup
    https://oss-gate.doorkeeper.jp/events/56845

    YUKI "Piro" Hiroshi
    @piroor
    並行開催って、1日目はグループAが前半、2日目はグループA後半とグループB前半、3日目はグループB後半、みたいなかんじだったということでしょうか?
    Kimiaki Kuno
    @knokmki612

    1日目はグループAが前半、2日目はグループA後半とグループB前半、3日目はグループB後半

    はい、それで開催間隔はブランク空けないうちにというより月1間隔でやっていましたね

    ブランク空けないほうが参加率さがらないかもしれないですね(空けない連続開催は博多のほうでされていた気がする)

    博多じゃない福岡でした
    YUKI "Piro" Hiroshi
    @piroor
    1ヵ月開いてしまうと、普通に前回のことを忘れてしまいそう……間隔は1週間くらいがギリギリな気がなんとなくします(カウンセリングを受けてた頃、隔週だと前回のことを忘れてしまい、毎週に変更したことがあります)
    曜日を決めて1ヶ月間、計4~5回でやってみますかね?
    Kimiaki Kuno
    @knokmki612
    試す価値はあると思います!(最近参加できる自信がないですが…)
    Sutou Kouhei
    @kou
    最初はグループを混ぜなくてもいいと思いますよ。
    1グループでうまくできて、2グループでもいけそうみたいになってから検討でいい気がします。
    平日夜の2回開催は、2回開催というより、時間帯が変わったこと(週末→平日夜)で参加者層が変わりました。
    2回開催にわけても分けたことによる問題は連続して参加しないビギナーがいるくらいしかなかったような気がします。
    Kimiaki Kuno
    @knokmki612

    平日夜の2回開催は、2回開催というより、時間帯が変わったこと(週末→平日夜)で参加者層が変わりました。
    2回開催にわけても分けたことによる問題は連続して参加しないビギナーがいるくらいしかなかったような気がします。

    2回開催の効果(2回開催ならではの感想とか反応)はたしかに薄かった記憶があります