Where communities thrive


  • Join over 1.5M+ people
  • Join over 100K+ communities
  • Free without limits
  • Create your own community
People
Activity
    Sutou Kouhei
    @kou
    いいです!
    Kenta Murata
    @mrkn
    消しときます
    Sutou Kouhei
    @kou
    カバレッジをとるやつだけTravis CIに残っているんですが、それは私が欲しくて入れたわけじゃなくて、誰だったか特に開発に参加していない人が入れたがって入れたやつなので、なくなっても私は気にしないのです。
    Kenta Murata
    @mrkn
    なるほど
    rss と rexml も GitHub Actions に完全移行したそうな雰囲気が出てます
    Sutou Kouhei
    @kou
    あ、simplecov関係のやつも一緒に消してもらえますか?
    Kenta Murata
    @mrkn
    了解です
    Gem test ってやつか
    Sutou Kouhei
    @kou
    まぁ、そうなりますよねぇ。
    ついでにやってもらえたりします?
    Kenta Murata
    @mrkn
    webhook はどうしたらよいですか
    Sutou Kouhei
    @kou
    それはGitHubのwebhookがすでに仕込んであるはずなのでGitHub Actionsに移行すれば特になにもしなくても大丈夫です。
    Kenta Murata
    @mrkn
    なるほど
    でしたら、移行は簡単そうなのでやってみよう
    Sutou Kouhei
    @kou
    あざっす!
    glib2の方はとりあえずrb_cDataの撲滅は終わったので次はRactor対応を試そうとしているところです。
    Kenta Murata
    @mrkn
    おぉ
    @kou simplecov 関係のやつって、カバレッジ測定対応をぜんぶ消して欲しいってことですか?
    Sutou Kouhei
    @kou
    消して欲しいです!
    Kenta Murata
    @mrkn
    わかりました〜
    Sutou Kouhei
    @kou
    あ、GitHub ActionsのテストのどこかにRubyのmasterでテストするやつを1個でもいいので入れておいてもらえますか?
    今は、Travis CIのやつでだけやっていたんですよ。
    Kenta Murata
    @mrkn
    入れました
    Sutou Kouhei
    @kou
    さすがです!
    kojix2
    @kojix2
    gtk2の消滅というそれなりにインパクトの高い事象を観測…
    Sutou Kouhei
    @kou
    アップストリームのメンテナンスが終わったので。。。
    kojix2
    @kojix2
    なるほど。ついに公式のサポートが終わってしまったんですね。
    Sutou Kouhei
    @kou
    REXMLのGitHub Actions化は勢いでやっておきました。
    Kenta Murata
    @mrkn
    あら、どうもありがとうございます
    .travis.yml の中身が同じだったので、rss も同じ内容で移行できるはずです
    Sutou Kouhei
    @kou
    しばらくApache Arrowのリリース関連を優先したいので、それが終わってもまだGitHub Actionsに移行されていなかったらがんばります。
    Kenta Murata
    @mrkn
    なるほど
    でしたら、今日の午後にやるつもりだったので、明日には終わってると思います。
    Sutou Kouhei
    @kou
    あざっす!
    Sutou Kouhei
    @kou
    Ractorに対応したオブジェクトって別にスレッドセーフじゃなくても、スレッドローカルな情報しか使わなければいいんですよね!?
    もし、グローバルな情報にアクセスするならスレッドセーフじゃないとダメっていうことですよね!?
    Kenta Murata
    @mrkn
    グローバルな情報を書き換えるとか、ほかから書き換えられる可能性があるグローバルな情報を読み出す場合は、排他制御している必要があります。
    Sutou Kouhei
    @kou
    ういっす!
    Kenta Murata
    @mrkn
    スレッドローカルな情報しか使わないけどスレッドセーフじゃない場合ってあるんですっけ?
    Sutou Kouhei
    @kou
    スレッドセーフというかマルチスレッドセーフでした!
    複数のスレッドから使われたら危険だけど、1つのスレッドからしか使われなければ危険じゃないやつを想定していました!
    Kenta Murata
    @mrkn
    Ractor 対応には2つの概念があって、1つはオブジェクトをコピーせずに他の Ractor に渡せること、もう1つはメソッドがネイティブスレッドセーフであること、です。
    オブジェクトを Ractor 間で共有しない場合、インスタンスメソッドがネイティブスレッドセーフじゃなくても Ractor セーフだと言って良いと思います。
    Ruby 3.0 からは Ractor ごとに VM ロックを持つようになっているので、Ractor の中では GVL があることを前提にできます。
    Sutou Kouhei
    @kou
    なるほど!
    Arrow::Arrayはオブジェクトをコピーせずに他のRactorに渡せて、かつ、ネイティブスレッドセーフであって欲しいですよね!?
    Kenta Murata
    @mrkn
    freeze したらネイティブスレッドセーフになってて欲しいですね
    Sutou Kouhei
    @kou
    わかりました!
    Kenta Murata
    @mrkn
    LibUI の API って gtk そのまんまなのか
    kojix2
    @kojix2
    この機会に調べてC言語で書くのをやってみます。
    1 reply
    kojix2
    @kojix2
    __m128i とかいうののポインタが出てきたけど、これfiddleで扱えるんだろうか…
    3 replies
    kojix2
    @kojix2
    Fiddleエラー、再現した。
    3 replies