Where communities thrive


  • Join over 1.5M+ people
  • Join over 100K+ communities
  • Free without limits
  • Create your own community
People
Activity
    kkismd
    @kkismd
    syntaxのほうにあったんですねー
    core/src/main/scala/shapeless/hlists.scala
    こっちのほうを見て無い無い言ってました
    kenji yoshida
    @xuwei-k
    全部そういう感じでsyntaxに定義されてたり、ちょっと読み方わかってないとshapelessのコードはアレですね
    kkismd
    @kkismd
    僕はいまだに scalaz のほうの読み方も分かってなくてアレです(自分が)
    kenji yoshida
    @xuwei-k
    https://gist.github.com/tonymorris/0ebc6eff79b99469a58c9cab92a6637e ミーティングあったらしい(参加してない)
    Naoki Aoyama
    @aoiroaoino
    scalaprops 使うことに strong yes してたり、❤ でデコられたり愛(?)を感じる(ぇ
    kenji yoshida
    @xuwei-k
    scalaprops化、途中までやって放置している・・・
    Naoki Aoyama
    @aoiroaoino
    あと、適当に言うと monocle で lens とか合成するごとに新しいオブジェクト生成されますし、パフォーマンス良くないだろうなーってのはもちろんありますね...。やはり実行時にどうにかするしかない(ぇ
    https://speakerdeck.com/todesking/shi-xing-shi-niokerujvmbaitokodozui-shi-hua-shou-fa
    This message was deleted
    strong yes らしいので、再開の機運(?
    Kazunari Mori
    @kazzna
    あ、YoshidaさんICFP行かれるのです?
    kenji yoshida
    @xuwei-k
    たぶん
    以前こうtweetしたし https://twitter.com/xuwei_k/status/681852782622588929 なんか期待されてる(?)ので行かないといけないきがしている。というかまぁ日本だし、普通に個人的にも行きたいので
    Kazunari Mori
    @kazzna
    おー、是非行きましょう!!
    Naoki Aoyama
    @aoiroaoino
    7.1.0 から 7.2.0 出るまで 16ヶ月くらいなんですね。
    https://groups.google.com/forum/#!topic/scalaz/79x3Frhe0Hs
    https://groups.google.com/forum/#!topic/scalaz/BXW6BVxYEPE
    暫くは milestone リリース(?) 続くんだろうなーって思ってました(
    pocketberserker
    @pocketberserker
    7.3に欲しい機能でも入っているのですかね?
    Naoki Aoyama
    @aoiroaoino
    この前 scalaz 7.3.0-M3 に上げる pull req 出てたので、何かしてるのかなー感はあります
    Naoki Aoyama
    @aoiroaoino
    あー、Monocle の gitter に書いてあった... 。argonautとの兼ね合いですね
    kenji yoshida
    @xuwei-k
    まだ7.3のfinalすぐ出す予定ないし、バイナリ互換的に普通に7.2.x使うべきだと思うけど、なんか話がよくわからない・・・。というかこれもあっさりmergeし過ぎでは・・・ julien-truffaut/Monocle#362
    argonautとの関係も、依存が逆ならともかく、あわせるって何か違う気がする・・・
    argonautがmonocleのSNAPSHOTに依存してたのもよくわからないので、この前さりげなく(?)戻すなどした argonaut-io/argonaut@e6c2f16
    Naoki Aoyama
    @aoiroaoino
    うぅm、正直マージしてからもう少し慎重に進めても良かったかなっては思ってました。反省。
    argonaut が monocle の SNAPSHOT に依存してた件、1.2.1 がリリースされる前に入った Plated あたりを使いたかったが故だった記憶があります。
    Naoki Aoyama
    @aoiroaoino
    (ぐぬぬ、完全にコミュニケーション不足な気がしてきたぞっ.....
    kenji yoshida
    @xuwei-k
    頑張ってください(他人任せ)
    pocketberserker
    @pocketberserker
    たいへんそう
    Naoki Aoyama
    @aoiroaoino
    実際、最近version管理滞ってる感してきてるしその辺すっきりさせた方が良さそう...
    頑張ります...
    taku0
    @taku0
    Functionalではないのでここで良いのかわかりませんが、“illegal cyclic reference involving trait E”とか“class graph is not finitary because type parameter T is expansively recursive”とかのエラーメッセージについてなにかご存知でしょうか。
    Java Generics are Turing Completeという論文( https://arxiv.org/abs/1605.05274 )があって、その中のコンパイルが止まらない型の例を単純化してJavaとScalaで書いてみました。そうしたところ、use-site varianceを使うと前者のエラーが出て、declaration-site varianceを使うと後者のエラーが出ました。
    https://gist.github.com/taku0/4335f65eb20a54fb965fff58fd582878
    Kota Mizushima
    @kmizu
    実は自分も、use-site varianceの例、Kotlinで書いてみようとしたのですが
    error: this type parameter violates the Non-Expansive Inheritance Restriction
    interface E<T> : N<N<in E<in T>>>
                ^
    こういう型エラーになります
    Non-Expansive Inheritance Restrictionという語感からは、なんか型のサイズが膨らむような継承は許さないという制限っぽい感じがしますが
    Kota Mizushima
    @kmizu
    class graph is not finitary because type parameter T is expansively recursive”
    どうも、似たようなメッセージですね…
    illegal cyclic reference involving trait Eは
    なんか、EがE自身を継承しているかのように見えているっぽいエラーですね…
    Kota Mizushima
    @kmizu
    実は、Java Genericsで例のコードが許されるのが逆に特殊なのではないかという気がしています…。
    interface E<T> : N<N<in E<in T>>>
    これは、E<T> : N< ... > を解決するには、E<in T>を具体化する必要があって、E<in T>を具体化するには、さらに、E<T>を具体化する必要があって…という感じになるのが、許されない、といった感じのような。
    というか、これはKotlinの話なので、ちょっとスレ違いですね。
    ただ、なんかKotlinもScalaも似たような制限を設けているような印象を受けます。
    Kota Mizushima
    @kmizu
    class graph is not finitary because type parameter T is expansively recursive
    これについては、
    stackoverflowに同様の質問がありました
    Java Generics are Turing Completeからも参照されている
    On Decidability of Nominal Subtyping with Variance
    Kota Mizushima
    @kmizu
    SLSにちょうどそのものずばりの記述があるのを見つけました