These are chat archives for scalikejdbc/ja

5th
Apr 2015
Shuya Tsukamoto
@tsukaby
Apr 05 2015 02:19
それは残念だ・・・! 自分は仕事でasync使うことになって今書いてるコードがほとんどgeneratorのそれでウオオオっという次第であります
generatorがあると書くコードが減るのも良いですが、テーブル定義が変わったときも楽ですよね。Mapperを編集していなければ・・・
kenji yoshida
@xuwei-k
Apr 05 2015 03:26
やるならscalikejdbcのorgにリポジトリ作ってみんなでメンテしたほうがいいんだろうか...微妙なところだな
Shuya Tsukamoto
@tsukaby
Apr 05 2015 03:29
私はもしscalikejdbc.orgでやるとしたら既存のmapper generator内に上記のURLの.scalaをもう1個つくって、それに付随してscalikejdbc-async-mapper-generatorタスクとかを増やして行くのが良いのかなーと思ってました
既存のmapper-generator-coreとどの程度コード流用できるか分からないので、場合によっては別リポジトリの方が最適化もですね
Kazuhiro Sera
@seratch
Apr 05 2015 03:35

テーブル定義が変わったときも楽ですよね。Mapperを編集していなければ・・・

よしださんも含め、こういう用途で使いたいという話が出てきてますけど、そういうニーズに対してあれが本当に最適なのだろうかという気持ちはある。

mapper-generator は最初の立ち上がりで楽する想定でつくったものなんで。。
DB の接続情報渡して何か実行したら DB のテーブル情報一覧がごそっととれて、Scala の型との対応が楽に出来て、ソースコードが出力できればよいわけですよね。もっと拡張性も含めていい方法があるのではないかと思いつつ、何もしてない。
Shuya Tsukamoto
@tsukaby
Apr 05 2015 03:44
なるほどー。いい方法は考えてなかったなー・・・
とあるSIerに居た頃にソースコード生成ツールを使っていましたが、それは特定のコメントで囲まれた領域を除いて何度でも再生成できるって仕組みでしたね。MyBatisというJavaの似たようなMapperツールでは完全上書きだったので、scalikeと同じくMapperはいじらないようにしてやってたー
最適なソリューション、なかなか思いつきませんね・・。自分は生成したコードはいじらないで、mapper-generatorに任せて、Mapper拡張したいならimplicit class使おう!って方針でやろうかなーと考えてました
Kazuhiro Sera
@seratch
Apr 05 2015 03:49
async のコード生成機能を scalikejdbc/scalikejdbc に入れたくないのでそれをサポートするなら scalikejdbc/mapper-generator プロジェクトに分けたい。
Shuya Tsukamoto
@tsukaby
Apr 05 2015 03:52
前から挙っている分割問題ですね!binary compatibilityとかの。自分はscalikeメンバーじゃないですし、みなさんにお任せします。個人的にはmapper generatorは分けても良いと思っております。
Kazuhiro Sera
@seratch
Apr 05 2015 03:53
fork して提案してくださってもいいんですよ!私自身の中での優先度は低いです。
Shuya Tsukamoto
@tsukaby
Apr 05 2015 03:56
自分のスキルで行けるかなー とりあえずやってみます
kenji yoshida
@xuwei-k
Apr 05 2015 08:57
既存のやつを分けるかどうかは別にして、asyncのgeneratorが本体にあるのはおかしいので、別リポジトリのほうがいいでしょうね
Shuya Tsukamoto
@tsukaby
Apr 05 2015 08:58
:ok_hand:
kenji yoshida
@xuwei-k
Apr 05 2015 08:58
既存のやつ微妙なところもある?し、個人的には、asyncのやつ作るなら全く別に作る方がいい気がしている
まず気が向いたら、既存のgeneratorの微妙な点をまとめるか
Kazuhiro Sera
@seratch
Apr 05 2015 13:44
いや、別にそういうのまとめなくても、それを解決する新しいのつくってもらえればそれでもいいですよw
最初に生成してからは手でメンテするだろうと思ってたのに意外とそうじゃないニーズが多かったな。
Seasar 系のコード生成 使ってたときも最初の生成で楽できたらそれ以降は別にいじればええやんと思ってたし、それで支障なかったので、Scala コミュニティのこういう嗜好性は私にとっては結構発見ではあったかも。
kenji yoshida
@xuwei-k
Apr 05 2015 17:07
いや、 tsukaby さんが新たにasync版つくる(気が向けば自分も貢献する?)なら、その際に参考になったらいいかなぁ程度な気持ちで > 既存のgeneratorの微妙な点をまとめる