Where communities thrive


  • Join over 1.5M+ people
  • Join over 100K+ communities
  • Free without limits
  • Create your own community
People
Repo info
Activity
  • Jul 25 2020 17:08
    azu edited #2
  • Jul 25 2020 16:58

    azu on master

    Update README.md (compare)

  • Jul 25 2020 16:56
    azu edited #2
  • Jul 25 2020 16:56
    azu opened #2
  • Jul 25 2020 16:55

    azu on master

    Update README.md (compare)

  • Jul 25 2020 16:48

    azu on master

    Update README.md (compare)

  • Jul 25 2020 16:38

    azu on master

    Update README.md (compare)

  • Jan 02 2019 13:34

    azu on master

    Update README.md (compare)

  • Nov 06 2017 11:33

    azu on master

    Update README.md (compare)

  • Nov 06 2017 11:23

    azu on master

    Create CODE_OF_CONDUCT.md (compare)

  • Jun 10 2016 16:55

    azu on master

    Update README.md (compare)

  • Jun 10 2016 14:34

    azu on master

    Update README.md (compare)

  • Jun 10 2016 14:32

    azu on master

    Update README.md (compare)

azu
@azu
GitHubの方は pddg さんもinviteしておきますね
TANIGUCHI Masaya
@tani
はい。pddgというアカウント名です。
ありがとうございます。リポジトリの方は転送処理を行いました。よろしくおねがいします。
azu
@azu
はい、よろしくおねがいします。
あ、GitHubのtextlint organizationでmemberアカウントの2要素認証を必須にしようと思うのですが、大丈夫ですかね?
https://help.github.com/en/github/authenticating-to-github/configuring-two-factor-authentication
他のplugin maintainerのinviteも同じ方針でやると思うので、今のうちに2要素認証を必須のオプションを有効化しておきたいです。
TANIGUCHI Masaya
@tani
私自身、その方向で色々なサービスのアカウントをアップデートしているので問題ないです。
azu
@azu
image.png
ありがとうございます。2要素認証設定するまでmemberから外れちゃうかもしれないです。
(実際にどういう動作になるのかはちょっと試したことがないですが)
TANIGUCHI Masaya
@tani
了解です。そのときは、再度招待よろしくおねがいます。
azu
@azu
有効化しました。
https://help.github.com/ja/github/setting-up-and-managing-organizations-and-teams/requiring-two-factor-authentication-in-your-organization
2要素認証を設定すれば、自動的に戻るとのことでした。
TANIGUCHI Masaya
@tani
承知しました!
azu
@azu
もう一度 inviteしました!
TANIGUCHI Masaya
@tani
ありがとうございます!
TANIGUCHI Masaya
@tani
textlint-rule-spellingは多言語対応なのもあって、ドイツからの利用もあるっぽいです。textlint自体のルールセットは英語と日本語が多いですが、他の言語のルールセットも揃えていきたいなぁと思いました。
スペルチェックといえば、
IntelliJ IDEAに入ってるスペルチェッカーが最近グラマーチェックもやっててよくなってましたが、
これもHunspellベースなのかな
https://www.jetbrains.com/help/idea/spellchecking.html#
TANIGUCHI Masaya
@tani
Hunspellが文法対応してそうにないので、おそらくLanguageToolベースなのか、もしくは独自に追加しているのかもしれませんね。
TANIGUCHI Masaya
@tani
textlintも昔、languagetoolに対応するルールがありましたが、もととなるnode-languagetoolの更新が停止してしまっていて、動作していないんですよね。
Kaito Sugimoto
@7ma7X
すみません、「してます」を「しています」に修正するようなルールはありますでしょうか?
Kaito Sugimoto
@7ma7X
皆さんありがとうございます。
調べてみると、「い抜き言葉」は「ら抜き言葉」のようには分析されていないようですね🤔
ルールがあった方が便利なような気はしますが、prhでもよさそうですね。
ありがとうございました。
TANIGUCHI Masaya
@tani
Unified.js のmdastとTextlintのASTで相互変換ができれば,ビルドから検査までをワンストップで出来て嬉しいかもしれないですね.同じMarkdownなので出来ないことはないのでしょうが..
azu
@azu
基本はmdastベースなので変換自体はそんな難しくないかもしれないですね
Yuta Hayashibe
@shirayu
@7ma7X い抜き言葉を検出するルールを作ってみました.
https://github.com/textlint-ja/textlint-rule-no-dropping-i
technological-book-corpus-ja では問題なく動いているようです.
Kaito Sugimoto
@7ma7X
@shirayu おお、ありがとうございます!試してみます
azu
@azu
textlintのpluginとかvscode,atom extensionとかを textlint orgに集約するのをどうにかやったほうが良さそうかな。
npmとかpublish周りはちょっと面倒だけどGitHubは移管するだけでいいからなんとかはできそうな気はするけど
TANIGUCHI Masaya
@tani
textlint collectiveとしてメンテナンスしていくことに賛成です。
azu
@azu
まずtextlint/textlintに方針のissueを作るのがよさそうですかね
azu
@azu

textlint-ja/textlint-ja#2
パッケージ移譲周りの手順をIssue Templateなどにまとめたい感じがしたのでIssueを作成。
npm周りがorg側にinviteされずに、orgにアクセス権を追加するみたいなことできないので、
org にinvite → inviteされた人が自分でpackageのアクセスをorgに追加するみたいな手順がややこしい…

takahashim/textlint-rule-no-doubled-conjunction#3
これとかでやりながらいい方法が見つかるといいのだけど

azu
@azu
https://efcl.info/2020/07/31/textlint-editor-pre/
https://github.com/textlint/editor
ブラウザ上/ブラウザ拡張でtextlintを動かすプロジェクト
TANIGUCHI Masaya
@tani
紆余曲折ありましたが、textlint-plugin-latex2eの安定版1.0.0が完成した感じがします。ライブラリ周りも最新の構成になり動くようになりました。解析できるLaTeXの構文も大幅に増えました。このプラグインはTwitterを見ていると12月から2月にかけて利用されることが多そうなので、間に合ってよかったです。
K Ito
@kn1cht
素晴らしいです,ありがとうございます(冬に利用されるのはおそらく学位論文を書く学生のせいですよね…)
私の学位論文向けルールプリセットもより使いやすいようにしていきます!
TANIGUCHI Masaya
@tani
@kn1cht に初期からアイディアやフィードバックをもらえたのでここまでできました。ありがとうございます。
azu
@azu
:tada:
TANIGUCHI Masaya
@tani
textlintがdenoをサポートできれば、毎回プロジェクトとは関係ないpackage.jsonを作らなくてもよいので便利かもしれませんね
azu
@azu
GitBookがそんな感じでしたね。book.jsonでパッケージ名を含めると自動ダウンロードするような。
ただ、結局ルールのバージョン管理の問題が出てきちゃうのでpackage.jsonの方が安全になる感じはします。
Denoでやるならルールも全部ES Modulesとしてダウンロードできるように(unppkgやskycdn)して、URLでルールを指定できる形がいいような気がしますね
TANIGUCHI Masaya
@tani
たしかにバージョン管理を考えるとpackage.jsonは手堅いですね.donetの #r "nuget: foobar" やdenoのように書き捨てのスクリプト用の機能が充実してきたので,ちょっとした思いつきで提案しました.
TANIGUCHI Masaya
@tani
話しは変わるのですが,ありがたいことにtextlint-plugin-latex2eには継続的にフィードバックがとどいており,よりロバストなパーサーが完成しつつあります.これらは僕個人の仕事だけでなく,azuさんが育ててきたコミュニティの貢献が大きいとおもっています.そこで,二つほど提案があります.まず,著作権保持者を僕個人から
Textlint LaTeX2e Pluginのメンテナー全員のものに移譲しようと思っています.
また,アクティブなコントリビューターだった @kn1cht さんをメンテナーに加えたいです.
TANIGUCHI Masaya
@tani
昨年はプロジェクトのレビューは私が担当しており,もう1人のメンテナーはバグ修正のパッチを書くという役割が自然と行われておりました.3人体制になることで,一人がパッチを書き,のこりの二人のうち一人がレビューして許可を出し直ぐにマージすることで迅速に開発をすすめることができると思います.
つきましては,お手数ですが彼をPluginのグループに追加していただけますでしょうか?
azu
@azu
Inviteをお送りしておきました。
GitHubとnpm両方とも送っています(npmはinvite送ってからじゃないとTeamを移動できないの不便ですね…)
Image 2021-01-05 09-05-56.png