Where communities thrive


  • Join over 1.5M+ people
  • Join over 100K+ communities
  • Free without limits
  • Create your own community
People
Repo info
Activity
  • Apr 30 08:12
    azu labeled #5
  • Apr 30 08:12
    azu opened #5
  • Apr 30 08:05
    azu labeled #4
  • Apr 30 08:05
    azu opened #4
  • Apr 30 07:56
    azu edited #3
  • Apr 30 07:55
    azu labeled #3
  • Apr 30 07:55
    azu opened #3
  • Jul 25 2020 17:08
    azu edited #2
  • Jul 25 2020 16:58

    azu on master

    Update README.md (compare)

  • Jul 25 2020 16:56
    azu edited #2
  • Jul 25 2020 16:56
    azu opened #2
  • Jul 25 2020 16:55

    azu on master

    Update README.md (compare)

  • Jul 25 2020 16:48

    azu on master

    Update README.md (compare)

  • Jul 25 2020 16:38

    azu on master

    Update README.md (compare)

  • Jan 02 2019 13:34

    azu on master

    Update README.md (compare)

  • Nov 06 2017 11:33

    azu on master

    Update README.md (compare)

  • Nov 06 2017 11:23

    azu on master

    Create CODE_OF_CONDUCT.md (compare)

  • Jun 10 2016 16:55

    azu on master

    Update README.md (compare)

  • Jun 10 2016 14:34

    azu on master

    Update README.md (compare)

  • Jun 10 2016 14:32

    azu on master

    Update README.md (compare)

Tomoyuki Hata
@hata6502

ありがとうございます!
自分のリポジトリを見たところ、下記リポジトリを textlint-rule に移管したいです。

https://github.com/hata6502/textlint-rule-no-zero-width-spaces
https://github.com/hata6502/textlint-filter-rule-urls

npm の textlint-rule organization についても、invite してくれると助かります。

5 replies
TANIGUCHI Masaya
@tani
textlintのオンラインミートアップとかって開催したら楽しそうだと思うのですが,いかがでしょう?
azu
@azu
面白そうではありますね。
イメージはtextlint利用者も含めたユーザーミートアップみたいな感じですかね?
それとももう少し開発者よりな感じの小さなイベントとかもありそうですかね。
TANIGUCHI Masaya
@tani
はい.プラグイン・ルール・コア開発者による開発状況とユーザーによる事例紹介を行いたいです.それのよって開発者はフィードバックをもらい,ユーザーは機能を深く知ることができると思います.
なので,ユーザーミートアップですね.
azu
@azu
最近は会社で使ってるところも見かけるので、そういうところも巻き込めるといいのかもしれないですね。
もしミートアップやるなら協力できることはあると思うので言ってください。
azu
@azu
languagetoolsをブラウザで動かせないかなー(英語の文法チェックがしたい)とちょっと調べていたけど、
https://github.com/languagetool-org/languagetool/blob/1e740fc3eed858e43ef218bb209b3f055ec0d9d0/languagetool-language-modules/ja/src/main/resources/org/languagetool/rules/ja/grammar.xml
https://github.com/languagetool-org/languagetool/blob/1e740fc3eed858e43ef218bb209b3f055ec0d9d0/languagetool-language-modules/en/src/main/resources/org/languagetool/rules/en/grammar.xml
基本は結構トークンベースの辞書(https://github.com/azu/morpheme-match みたいなアプローチ)が膨大にある感じだった。
この辞書マッチャーを作れば、languagetoolsのルールが結構ポートできるので、そのエンジンを書いてみるのは結構コスパがよくありなのかもしれないですね。
トークナイズの互換性がない場合があるので全部は動かないけど悪くない気もする
LicenseはLGPLなのでライセンス的にもできるはず
TANIGUCHI Masaya
@tani
これが良い感じです.
azu
@azu
LSPも見てみます。
languagetools相当を(HTTP通信なしの)ブラウザでうごかしたいんですよねー
TANIGUCHI Masaya
@tani
なるほど,だとするとhttps://en.wikipedia.org/wiki/Link_grammar にあるようなリンク文法ベースの文法チェックを実行できるようにしたいですね
azu
@azu
https://github.com/textlint-ja/textlint-rule-no-filler を書いていて、
Paragraph node中の 「xxx」 みたいな括弧の中なのかを判定できるライブラリがほしいなと思った。
このルールは括弧の中なら逆に正常なので、例外としたい気がするけど、いまいちそのライブラリのインターフェースが思いつかない。
azu
@azu
https://github.com/textlint/create-textlint-rule-example/releases/tag/v2.0.0
READMEに貼り付ける用のOKとNGの例をテストファイルから作るツール TypeScriptのテストにも対応した
markdown周りを大きく変更してるので、12.0.0のbeta版をリリースしています。
textlint-script@beta も出してるので変な壊れ方してるルールやLint結果が壊れるようなものがないかをチェック中
azu
@azu
image.png
ちょっと textlint の npm の team を整理しました。
plugin-developrsの下にはpluginのパッケージだけが集まる感じに変更しました。
textlint npm orgには textlint-plugin-latex2e は紐付いてなかったのか
azu
@azu
Tomoyuki Hata
@hata6502

「PDF に謎の漢字が含まれるとき」
https://gist.github.com/xl1/940d653451fd96a06618a6df08d5df84

textlint-rule-no-kangxi-radicals を、textlint-rule-preset-japanese に含めることができそうです。
https://github.com/xl1/textlint-rule-no-kangxi-radicals

Tomoyuki Hata
@hata6502
プルリクエストを作りました!
ご確認のほど、お願いいたします。
textlint-ja/textlint-rule-preset-japanese#69
azu
@azu
preset リリースタイミングがある程度決まってるので、
PRごとにリリースノートを追記していけるchangesetsの方が適切なのかも思ってきた。
https://github.com/atlassian/changesets (今はshipjsを使ってるけど、そこまであってる感じでもない気がする)I
TANIGUCHI Masaya
@tani
gitpodをtextlintで使用したいため,権限リクエストを送りました.検討ください
azu
@azu
Approvedしました
TANIGUCHI Masaya
@tani
ありがとうございます
半年たったのでリリースするPRができてた。
いまあるPRをマージしてからもう一回shipjs prepareをGitHub actionsから実行しないとな。
やっぱりCHANGELOGとか面倒だし
https://github.com/atlassian/changesets を使うのが適切な気がする
azu
@azu
CHANGELOGのフォーマット以外は changessetの方がshipjsより扱いやすいので
textlint-ja/textlint-rule-preset-japanese#73 で移行中
azu
@azu
textlint-ja/textlint-rule-preset-japanese#74
Changesetsは箇条書きみたいなのが強制されるので見やすくするの結構難しいかも。
azu
@azu
https://blog.nishinos.com/archives/5806116.html <num> ~ <num>~ <num> のケースをみつけるルールがあるといいのかな
TANIGUCHI Masaya
@tani
npm のアカウント名をPyPIやRubyGemsにそろえるためにtaniguchiに変更しました.npmのorgで見慣れないアカウント名があるかもしれませんが,よろしくお願いします.