Where communities thrive


  • Join over 1.5M+ people
  • Join over 100K+ communities
  • Free without limits
  • Create your own community
People
Repo info
Activity
thinca
@thinca
ふたたび再起動なう
callmekohei
@callmekohei
(^_^)b
kuuote
@kuuote
filetype.vimの2062行目にau BufNewFile,BufRead vimrc call s:StarSetf('vim')
とあるのでvimrcがファイル名に含まれていればよさげ
yaegassy
@yaegassy
おっ。ちょうど僕もそれ調べてましたw
ありがとうございます。スッキリした。
bamchoh
@bamchoh
ほうほう
thinca
@thinca
next 情報書き換えたのに github pages が更新されない…
kuuote
@kuuote
github pages確かキャッシュしてるので反映に時間かかる
thinca
@thinca
言うても1,2分くらいのはず…
確かにコミットしたのに… https://github.com/vim-jp/reading-vimrc/
あ、インデントがおかしい
ページのビルドエラーってどこで見れるんだっけかなぁ
お、反映された
!reading_vimrc start
!reading_vimrc status
vim-jp-bot
@vim-jp-bot
stopped
thinca
@thinca
!reading_vimrc start
ぽえ~ん
!reading_vimrc start
!reading_vimrc
!reading_vimrc status
vim-jp-bot
@vim-jp-bot
stopped
thinca
@thinca
!reading_vimrc start
vim-jp-bot
@vim-jp-bot
=== 第302回 vimrc読書会 ===
  • 途中参加/途中離脱OK。声をかける必要はありません
  • 読む順はとくに決めないので、好きなように読んで好きなように発言しましょう
  • vimrc 内の特定位置を参照する場合は行番号で L100 や L100-110 のように指定します
  • 今回は複数ファイルがあるため、filename#L100 のようにファイル名を指定します
  • 省略した場合は直前に参照しファイルか、それがない場合は適当なファイルになります
  • 特定の相手に発言/返事する場合は @username を付けます
  • 一通り読み終わったら、読み終わったことを宣言してください。終了の目安にします
  • ただの目安なので、宣言してからでも読み返して全然OKです
  • 今回は前編です。終了時間になったら、途中でも強制終了します
  • 続きは来週読みます
  • いつも通り各自のペースで読むので、どこまで読んだか覚えておきましょう
    今回読む vimrc: AdnoC さん:
    symlink..vimrc (DL)
    symlink..vimrc_plugin (DL)
    symlink.ginit.vim (DL)
thinca
@thinca
やっと動いた
L1
vim-jp-bot
@vim-jp-bot
symlink.ginit.vim#L1
   1 | function! s:set_size(...)
bamchoh
@bamchoh
thinca
@thinca
vimrc#L1
vim-jp-bot
@vim-jp-bot
symlink..vimrc_plugin#L1
   1 | " Vim plugin configuration
thinca
@thinca
symlink..vimrc#L1
vim-jp-bot
@vim-jp-bot
symlink..vimrc#L1
   1 | " Vim preferneces file
thinca
@thinca
ファイル名そのまま入れたけど symlink. 消しても良かったかもな…まあもうやり直したくないのでこのままで
kuuote
@kuuote
L12 <の前の\の意味が知りたい
thinca
@thinca
と言うわけで30分ほど遅れたけど始めまーす
vim-jp-bot
@vim-jp-bot
symlink.ginit.vim#L12
  12 |     TH32CS_SNAPPROCESS = 2
thinca
@thinca
L12
vim-jp-bot
@vim-jp-bot
symlink..vimrc#L12
  12 | let mapleader="\<Space>"
thinca
@thinca
これは特殊キーを文字列内で表現したい場合のやつです
kuuote
@kuuote
いいこと知った
thinca
@thinca
:h expr-quote
vim-jp-bot
@vim-jp-bot
"string"                文字列定数              *expr-quote*

ダブルクォートが使われていることに注意。

文字列定数には以下の特殊文字が使用できる:
\...    3桁の8進数字 (例 "\316")
\..     2桁の8進数字 (非数字が続かなければならない)
\.      1桁の8進数字 (非数字が続かなければならない)
\x..    2桁の16進数字 (例 "\x1f")
\x.     1桁の16進数字 (16進数字でないものが続かなければならない)
\X..    \x..に同じ
\X.     \x.に同じ
\u....  文字を4桁の16進数で表現したもので、実際の値は現在の 'encoding' の値に
        依存する (例えば "\u02a4")
\U....  \u と同じだが8桁までの16進数が使える
\b      バックスペース <BS>
\e      エスケープ <Esc>
\f      フォームフィード <FF>
\n      改行 <NL>
\r      改行(キャリッジリターン) <CR>
\t      タブ <Tab>
\\      円記号(バックスラッシュ)
\"      ダブルクォート
\<xxx>  "xxx" という名の特殊キー。 例 "\<C-W>" は CTRL-W。これはマップで使うた
        めのものであり、0x80 バイトはエスケープされる。
        ダブルクォート文字を使う場合はエスケープしなければならない: "<M-\">"
        utf-8 文字を得るためには <Char-xxxx> を使わずに、上述の \uxxxx を使う
        こと。

Note "\xff" は値2551バイトとなる。これはエンコーディングによっては無効な値か
もしれない。現在の 'encoding' の値に応じた文字255を得るには "\u00ff" を使う。

Note "\000""\x00" は強制的に文字列の終端として扱われる。
thinca
@thinca
一番下のやつですね \<xxx>
開始時間遅れましたが疲れたので予定通り0時に終わります。来週以降もあるし、まあいいだろう
= の前後にはスペース入れない派っぽいな
L46+2 ここで .vimrc_plugin ファイルを読んでる
vim-jp-bot
@vim-jp-bot
symlink..vimrc#L46-L48
  46 | if empty($NO_VIM_PLUGINS) && filereadable(g:vimrcDirectory . ".vimrc_plugin")
  47 |   exec "so " . g:vimrcDirectory . ".vimrc_plugin"
  48 | endif
kuuote
@kuuote
vimrc_plugin#L28 海外勢のvim-plug率の高さ