Where communities thrive


  • Join over 1.5M+ people
  • Join over 100K+ communities
  • Free without limits
  • Create your own community
People
Repo info
Activity
Tsuyoshi CHO
@tsuyoshicho
おや?
thinca
@thinca
これは単に誤反応
Naruhiko Nishino
@rbtnn
L396 みんな入れているもんなのかな
vim-jp-bot
@vim-jp-bot

vimrc#L396

 396 | Plug 'vim-jp/syntax-vim-ex', { 'for': 'vim' }

vim-jp/syntax-vim-ex

thinca
@thinca
私は入れてないなー
もっとまともな syntax ほしい
Tsuyoshi CHO
@tsuyoshicho
とりあえず(でいいのか)、はいってはいる
Naruhiko Nishino
@rbtnn
vimのsyntaxであまり困ったことないなぁ
thinca
@thinca
L397 これ、私も使ってるのだけどいかんせん重くてどうにかできないものか色々考えている
vim-jp-bot
@vim-jp-bot

vimrc#L397

 397 | Plug 'thinca/vim-ft-vim_fold', { 'for': 'vim' }

thinca/vim-ft-vim_fold

thinca
@thinca
さっきの fold を挿入モードで無効にするやつで理屈上は解決できそうなんだけどなぜか解決されない
プラグインマネージャの登場でインストールするプラグインを vimrc に書いておけるようになったけど、書く順番をどうするのかが未だに不定で適当になってしまっているんだよなー
さて、時間も過ぎたので今日はここまでかな
Tsuyoshi CHO
@tsuyoshicho
そうですねー
thinca
@thinca
終わりまーす。おつかれさまでしたー
!reading_vimrc stop
vim-jp-bot
@vim-jp-bot
おつかれさまでした。次回は続きを読むので、どこまで読んだか覚えておきましょう!
IK
@kazukazuinaina
hi
vim-jp-bot
@vim-jp-bot
アーカイブページを更新しました: 第383回
IK
@kazukazuinaina
終わってた...
thinca
@thinca
惜しい
!reading_vimrc next 後編
vim-jp-bot
@vim-jp-bot
次回予告を更新しました:
次回 第384回 2019-11-09 23:00 hattya さん
Tsuyoshi CHO
@tsuyoshicho
どもです...
thinca
@thinca
!reading_vimrc start
vim-jp-bot
@vim-jp-bot
=== 第384回 vimrc読書会 ===
  • 途中参加/途中離脱OK。声をかける必要はありません
  • 読む順はとくに決めないので、好きなように読んで好きなように発言しましょう
  • vimrc 内の特定位置を参照する場合は行番号で L100 や L100-110 のように指定します
  • 特定の相手に発言/返事する場合は @username を付けます
  • 一通り読み終わったら、読み終わったことを宣言してください。終了の目安にします
  • ただの目安なので、宣言してからでも読み返して全然OKです
  • 今回は後編です。前回参加した人は続きから読みましょう
    今回読む vimrc: hattya さん:
    vimrc (DL)
thinca
@thinca
はじめるぞー
tennashi
@tennashi
hi
thinca
@thinca
hi
higashi
@higashi000
hi
thinca
@thinca
hi
L425+2 便利
vim-jp-bot
@vim-jp-bot
vimrc#L425-L427
 425 |   cnoremap <expr> <Space> ambicmd#expand("\<Space>")
 426 |   cnoremap <expr> <CR>    ambicmd#expand("\<CR>")
 427 |   cnoremap <expr> <C-F>   ambicmd#expand("\<Right>")
tennashi
@tennashi
hi
thinca
@thinca
プラグインの設定ゾーンに入った
L468-472 マッピングに力強さを感じる…というか C は使わないんだろうか
vim-jp-bot
@vim-jp-bot
vimrc#L468-L472
 468 |   nnoremap CtrlP  <Nop>
 469 |   nmap     <C-P>  CtrlP
 470 |   nnoremap CtrlP  :<C-U>CtrlP<CR>
 471 |   nnoremap CtrlPb :<C-U>CtrlPBuffer<CR>
 472 |   nnoremap CtrlPm :<C-U>CtrlPMRU<CR>
thinca
@thinca
あとこれそもそも L470 が L468 を上書きしちゃってる。キーマッピングの prefix の機能を理解していなさそうな予感
L517-521 L330 なんだろうと思ったら自作プラグインか
vim-jp-bot
@vim-jp-bot

vimrc#L517-L521

 517 | " plugin: license {{{1
 518 | if g:vimrc.has_plugin('license.vim')
 519 |   let g:license_shiftwidth = 3
 520 |   let g:license_textwidth = 68
 521 | endif

vimrc#L330

 330 | Plug 'hattya/license.vim'

hattya/license.vim

thinca
@thinca
ライセンスをソースコードに入れるプラグイン
ライセンスって全てのソースコードの冒頭に書かないといけないものなのか、リポジトリトップでわかるように示してあればいいのか、よくわからない
割と言語によって習慣が違うイメージがある
そうだとすると別に無理にソースにいちいち書かなくてもいいはず…ということで私は最近は書いてない
L573-594 めっちゃがんばって hahhah-vim の設定を書いてるのなんか笑えるw
vim-jp-bot
@vim-jp-bot
vimrc#L573-L594
 573 | " plugin: hahhah {{{1
 574 | if g:vimrc.has_plugin('hahhah-vim')
 575 |   function! LightlineHahHah() abort
 576 |     if winwidth(0) < 100
 577 |       return ''
 578 |     endif
 579 | 
 580 |     let hahhah = g:lightline.vimrc.hahhah
 581 |     if empty(hahhah) || hahhah.i == 4
 582 |       call extend(hahhah, {
 583 |       \  'text': hahhah#get_text(),
 584 |       \  'i':    0,
 585 |       \})
 586 |     endif
 587 |     let hahhah.i += 1
 588 |     return hahhah.text
 589 |   endfunction
 590 | 
 591 |   let g:lightline.vimrc.hahhah = {}
 592 |   let g:lightline.component_function['hahhah'] = 'LightlineHahHah'
 593 |   call add(g:lightline.active.left[1], 'hahhah')
 594 | endif
thinca
@thinca
L653 今は packadd を使う方法が推奨
vim-jp-bot
@vim-jp-bot
vimrc#L653
 653 | runtime macros/matchit.vim
thinca
@thinca
L701-716 template.vim の設定が私のに似てる。参考にしてくれたんだろうか
vim-jp-bot
@vim-jp-bot
vimrc#L701-L716
 701 |   augroup vimrc-plugin-template
 702 |     autocmd!
 703 |     autocmd FileType * execute 'TemplateLoad /filetype/' . &l:filetype
 704 |     autocmd User plugin-template-loaded call s:template_loaded()
 705 |   augroup END
 706 |   function! s:template_loaded() abort
 707 |     let pos = getpos('.')
 708 |     silent %s/<%=\(.\{-}\)%>/\=eval(submatch(1))/ge
 709 |     call histdel('/', -1)
 710 |     call cursor(1, 1)
 711 |     if search('<+CURSOR+>')
 712 |       normal! zv"_da>
 713 |     else
 714 |       call setpos('.', pos)
 715 |     endif
 716 |   endfunction
thinca
@thinca
ざっくり最後まで読んだ