Where communities thrive


  • Join over 1.5M+ people
  • Join over 100K+ communities
  • Free without limits
  • Create your own community
People
Repo info
Activity
thinca
@thinca
そもそも <Plug>RooterChangeToRootDirectory ってマッピング自体がないような
Tsuyoshi CHO
@tsuyoshicho
なんか今はRooterChangeToRootDirectoryはコマンド定義してないみたいで、昔はあったっぽい(Issueに痕跡が...)ので使えなくなって、仮置きしたのかなあ
thinca
@thinca
なるほど。昔はあったパターンか
L438 exe いらないパターン
vim-jp-bot
@vim-jp-bot
_vimrc#L438
 438 |     silent! exe "!gtags"
Tsuyoshi CHO
@tsuyoshicho
L848
exprのときは、入力時にoffする...あれ、InsertEnterしたらfold解除れませんっけ?
vim-jp-bot
@vim-jp-bot
_vimrc#L848
 848 | " ft-vim_fold {{{
thinca
@thinca
されないのだよなぁ。1文字入力する度に式が評価されてくそおもい
Tsuyoshi CHO
@tsuyoshicho
あー、exprのfoldつかうことあんまりなくて頭から抜けてました...なるほど
kuuote
@kuuote
入力ごとに評価はほんまきつい
thinca
@thinca
それ私も設定しているのだけどどうも解決している感じがしなくてよくわからない
vim9 に期待
Tsuyoshi CHO
@tsuyoshicho
自分も設定しようかな...
thinca
@thinca
さて、時間も過ぎてるしこの辺りにしておきますか
実は別の作業と並行していてあまり読めなかった…w 次回がんばろう
Tsuyoshi CHO
@tsuyoshicho
そうですね、おつかれさまです
thinca
@thinca
おわりまーす。おつかれさまでしたー
!reading_vimrc stop
vim-jp-bot
@vim-jp-bot
おつかれさまでした。次回は続きを読むので、どこまで読んだか覚えておきましょう!
kuuote
@kuuote
おつです
vim-jp-bot
@vim-jp-bot
アーカイブページを更新しました: 第393回
thinca
@thinca
!reading_vimrc next 後編
vim-jp-bot
@vim-jp-bot
次回予告を更新しました:
次回 第394回 2020-01-18 23:00 choplin さん
monaqa
@monaqa
お疲れさまでした
thinca
@thinca
!reading_vimrc start
vim-jp-bot
@vim-jp-bot
=== 第394回 vimrc読書会 ===
  • 途中参加/途中離脱OK。声をかける必要はありません
  • 読む順はとくに決めないので、好きなように読んで好きなように発言しましょう
  • vimrc 内の特定位置を参照する場合は行番号で L100 や L100-110 のように指定します
  • 特定の相手に発言/返事する場合は @username を付けます
  • 一通り読み終わったら、読み終わったことを宣言してください。終了の目安にします
  • ただの目安なので、宣言してからでも読み返して全然OKです
  • 今回は後編です。前回参加した人は続きから読みましょう
    今回読む vimrc: choplin さん:
    _vimrc (DL)
Tsuyoshi CHO
@tsuyoshicho
hi
thinca
@thinca
はじめまーす
Tsuyoshi CHO
@tsuyoshicho
よろしくおねがいしまーす
tennashi
@tennashi
hi
monaqa
@monaqa
hi
Tsuyoshi CHO
@tsuyoshicho
L938
これ、buffer no の +1であることは明確なんだっけ? helpからだとちょっと読めなかった
vim-jp-bot
@vim-jp-bot
_vimrc#L938
 938 |   let curbufnr = bufnrs[tabpagewinnr(a:n) - 1]  " tabpagewinnr() は 1 origin
Tsuyoshi CHO
@tsuyoshicho
:help tabpagewinnr
vim-jp-bot
@vim-jp-bot
tabpagewinnr({tabarg} [, {arg}])                        *tabpagewinnr()*
                |winnr()|と同様だが、タブページ{tabarg}を対象とする。
                {tabarg}は対象とするタブページの番号を指定する。
                {arg}は|winnr()|の場合と同じように扱われる。すなわち:
                - 省略するとカレントウィンドウの番号を返す。これは、このタブ
                  ページに入るとき使われるウィンドウである。
                - "$" とするとウィンドウの個数を返す。
                - "#" とすると前のウィンドウ番号を返す。
                役に立つ例:  
                    tabpagewinnr(1)         " タブページ1のカレントウィンドウ
                    tabpagewinnr(4, '$')    " タブページ4内のウィンドウの個数
                {tabarg}が無効なときは0を返す。

                |method| としても使用できる:  
                        GetTabpage()->tabpagewinnr()
thinca
@thinca
+1 ?
Tsuyoshi CHO
@tsuyoshicho
式で tabpagewinnr - 1してbufnrsから探してるので...
tabpagebuflist のリストですね
thinca
@thinca
L922 bufnrs はタブページ内のバッファのリストですよね
vim-jp-bot
@vim-jp-bot
_vimrc#L922
 922 |   " タブページ内のバッファのリスト
thinca
@thinca
L922+1
vim-jp-bot
@vim-jp-bot
_vimrc#L922-L923
 922 |   " タブページ内のバッファのリスト
 923 |   let bufnrs = tabpagebuflist(a:n)
Tsuyoshi CHO
@tsuyoshicho
はい
thinca
@thinca
tabpagewinnr() はウィンドウ番号を返す
ウィンドウ番号は 1 origin の連番
Tsuyoshi CHO
@tsuyoshicho
ウィンドウ番号はついつい忘れてしまいますが、そうですね...
thinca
@thinca
tabpagebuflist はタブページで開いているバッファの一覧。当然ウィンドウ番号に対応している
Tsuyoshi CHO
@tsuyoshicho
なるほど...ただoriginが合わないと
thinca
@thinca
昔はウィンドウ番号しかウィンドウを指定する方法がなかった…つらい時代だった
ちなみにタブページについては今でも番号しか指定する方法がない。window id 入れたときに tabpage id も入れてほしかった…