Where communities thrive


  • Join over 1.5M+ people
  • Join over 100K+ communities
  • Free without limits
  • Create your own community
People
Repo info
Activity
cohama
@cohama
おつかれさまでした。
thinca
@thinca
みんな割といいペースで読んでいたので来週を中編にするか後編にするか迷いますね
Yuta Katayama
@yutkat
お、次回400だ
thinca
@thinca
ちなみに次回は記念すべき400回ですね
kuuote
@kuuote
おっ
cohama
@cohama
なんと
thinca
@thinca
:goodpoem:
monaqa
@monaqa
:tada:
thinca
@thinca
皆さん的にはあと2回ほしいか1回で十分か、どっちな感じですかね?
kuuote
@kuuote
1回あればいい気がする
割と読みやすい、これ
Tsuyoshi CHO
@tsuyoshicho
dein.tomlもあるけど、まあ...?
thinca
@thinca
では次回は後編にしよう
!reading_vimrc next 後編
vim-jp-bot
@vim-jp-bot
次回予告を更新しました:
次回 第400回 2020-02-29 23:00 cohama さん
Fujiwara Takuya
@tyru
nojoinspaces, そもそも gJ を使うケースがほとんどなので無視してたやつだ
J もたまに使うので set nojoinspaces しておこう
j を gj にマッピングするのやめたので消したやつだ…
init.vim#L379-L385
thinca
@thinca
ちょっと開始遅れるかも。始められる人いたら先に始めてもらっても大丈夫です
Tsuyoshi CHO
@tsuyoshicho
hi
りょーかいです
astrorobot110
@astrorobot110
hi
kuuote
@kuuote
hi
astrorobot110
@astrorobot110
前編居なかったんでめっちゃ頑張って流し見してる
Tsuyoshi CHO
@tsuyoshicho
記録のため、先に動かし始めますか
!reading_vimrc start
vim-jp-bot
@vim-jp-bot
=== 第400回 vimrc読書会 ===
  • 途中参加/途中離脱OK。声をかける必要はありません
  • 読む順はとくに決めないので、好きなように読んで好きなように発言しましょう
  • vimrc 内の特定位置を参照する場合は行番号で L100 や L100-110 のように指定します
  • 今回は複数ファイルがあるため、filename#L100 のようにファイル名を指定します
  • 省略した場合は直前に参照しファイルか、それがない場合は適当なファイルになります
  • 特定の相手に発言/返事する場合は @username を付けます
  • 一通り読み終わったら、読み終わったことを宣言してください。終了の目安にします
  • ただの目安なので、宣言してからでも読み返して全然OKです
  • 今回は後編です。前回参加した人は続きから読みましょう
    今回読む vimrc: cohama さん:
    init.vim (DL)
    dein.toml (DL)
    .min.vimrc (DL)
astrorobot110
@astrorobot110
init.vim#L7-L12 これ自分でもやってるけど癖のある端末だらけ(droidVim, termux)でスマートにかけなくて困ってる
vim-jp-bot
@vim-jp-bot
init.vim#L7-L12
   7 | " condition variables
   8 | let g:is_windows = has('win32') || has('win64')
   9 | let g:is_unix = has('unix')
  10 | let g:is_gui = has('gui_running')
  11 | let g:is_terminal = !g:is_gui
  12 | let g:is_unicode = (&termencoding ==# 'utf-8' || &encoding == 'utf-8') && !(exists('g:discard_unicode') && g:discard_unicode != 0)
kuuote
@kuuote
変な環境に持っていくときはその環境用の設定を結合して転送してるなー
スマートに書くことは放棄してる
Tsuyoshi CHO
@tsuyoshicho
どこまで端末に便利にするか難しい
astrorobot110
@astrorobot110
諦めて.bashrcに色々書いてしまった
kuuote
@kuuote
もし判定するなら /system の有無でやると思う(確か普通のLinuxにはないので)
thinca
@thinca
戻り
Tsuyoshi CHO
@tsuyoshicho
init.vim#L861+5
単体機能の高い関数だ
vim-jp-bot
@vim-jp-bot
init.vim#L861-L866
 861 | " インデントを簡単に設定
 862 | " ISetting    => 現在の状態を表示
 863 | " ISetting t4 => tab で幅4
 864 | " ISetting s2 => space で幅2
 865 | function! ISetting(setting, force_retab)
 866 |   if !empty(a:setting)
thinca
@thinca
開始ありがとうございますー
astrorobot110
@astrorobot110
そうかファイルシステムでやれるのか!
kuuote
@kuuote
L1114+3 なるほど
vim-jp-bot
@vim-jp-bot
init.vim#L1114-L1117
1114 | if g:is_gui
1115 |   autocmd myautocmd VimLeavePre * call SaveCurrentDirectory()
1116 |   autocmd myautocmd VimEnter * call RememberLastCurrentDirectory()
1117 | endif
astrorobot110
@astrorobot110
init.vim#L373-L377 関数のスコープすごく気になるけどnvimってこれスクリプト関数にするのダメなんでしたっけ?
vim-jp-bot
@vim-jp-bot
init.vim#L373-L377
 373 | " JavaScript を開いたとき
 374 | function! WhenJavaScriptOpened()
 375 |   setlocal foldmethod=syntax
 376 | endfunction
 377 | autocmd myautocmd FileType javascript call WhenJavaScriptOpened()
thinca
@thinca
私も gVim ではウィンドウ位置の保存/復元を雑に vimrc でやってる
astrorobot110
@astrorobot110
そもそもこれ関数じゃないほうが…
kuuote
@kuuote
拡張性を重視した結果?
Tsuyoshi CHO
@tsuyoshicho
他もあるし、かもしれない
thinca
@thinca
そういうスタイルなのか歴史的経緯なのか…
Tsuyoshi CHO
@tsuyoshicho
init.vim#L457+3
vim-jp-bot
@vim-jp-bot
init.vim#L457-L460
 457 | " my smooth scroll
 458 | let s:scroll_time_ms = 100
 459 | let s:scroll_precision = 8
 460 | function! CohamaSmoothScroll(dir, windiv, factor)
monaqa
@monaqa
輸入したい便利関数がたくさんある